プラスチック・フィルムの超音波溶着の基礎と振動体の選択

短時間、省電力、溶剤不要等、環境への負荷が小さい超音波によるプラスチック溶着について解説!

いろいろな溶着対象に対応できることを念頭に、さまざまな形状の共振体とプラスチック溶着への応用について、講師が進めてきた開発およびその結果を紹介する。

※本セミナーは開催日が変更になりました
10月24日 → 2023年3月6日

セミナー趣旨

 超音波によるプラスチック溶着は短時間、省電力、溶剤不要といったように環境への負荷が小さい加工法である。さらに異種材料間の接合が可能、接合界面の仕上がりが良好などの特長を合わせもつため、多くの分野で利用されている。一方、周波数や振動モードの選定、溶着可能な材料およびそれらの組合せなどの基本的なデータに関しては、溶着機メーカーが主導的立場にいるように思われる。
 そこで本講座では、利用者の基本的な知識として有用な超音波振動系の構成法およびそれらの特徴について、縦振動系を中心に解説する。ここでは、いろいろな溶着対象に対応できることを念頭に、さまざまな形状の共振体とプラスチック溶着への応用について、講師が進めてきた開発およびその結果を紹介する。

受講対象・レベル

プラスチック溶着を中心に、超音波応用加工技術に興味のある方。

必要な予備知識

特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。

習得できる知識

超音波加工に使用する振動系の基本構成ならびに伝送体の設計法の基礎が理解できる。
さらに、加工対象に合わせた振動系の在り方について、基本的な考え方が理解できる。

セミナープログラム

1.超音波加工に用いる振動系の基礎 ~ 共振現象の理解と共振体の設計 ~
 1-1. 振動系の基本構成
 1-2. 基本的な縦振動伝送体の設計
 1-3. いろいろな伝送体

2.プラスチック溶着への応用 ~ フィルム溶着への適用 ~
 2-1. 溶着分野における超音波溶着の位置づけ
 2-2. 縦振動系による溶着と課題
 2-3. 高周波振動の利用
 2-4. 面内振動の利用

3.溶着過程の検討 ~ 溶着部の定量評価の試み ~
 3-1. 材料の分類と溶着・接合状況
 3-2. 溶着状況の定量的な把握の試み

4.振動系の開発動向 ~ 非共振駆動の試み ~


溶着,超音波溶着,フィルム溶着,プラスチック溶着,超音波加工,セミナー

セミナー講師

拓殖大学 工学部 電子システム工学科 教授 工学博士 渡辺 裕二 氏

セミナー受講料

49,500円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合46,200円、
  2名同時申込の場合計49,500円(2人目無料:1名あたり24,750円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    ご自宅への送付を希望の方はコメント欄にご住所などをご記入ください。
    開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますことご了承下さい。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

関連記事

もっと見る