無機ナノ粒子の機能発現メカニズム、精密合成・設計技術、サイズ・形態制御技術およびその応用と将来の展望

機能性材料に革新をもたらす無機ナノ粒子の扱い方
◇精密合成・設計とその注意点
◇合成しながらのサイズ・形態制御とその精密評価法
◇表面修飾と各種定量・特性評価と凝集・分散のコツ
◇ナノ粒子がひらく未来材料の将来性


次世代機能性材料に革新をもたらすキーマテリアルである無機ナノ粒子を活用する上で必須となる様々なコツ・テクニックをご紹介!

セミナー講師

東北大学 多元物質科学研究所 教授 蟹江 澄志 氏
略歴
1998年 東京大学大学院工学系研究科助手
2000年 京都大学博士(工学)取得
2002年 東北大学多元物質科学研究所助手
2007年 同助教
2008年 同准教授
2019年 同教授

セミナー受講料

49,500円( S&T会員受講料47,020円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。
詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

セミナー趣旨

 無機ナノ粒子は、可視光での透明性や量子効果の発現など、機能性材料に革新をもたらすキーマテリアルです。本セミナーは、ナノ粒子を基材とした次世代機能性材料を開発する上で必須となる、ナノ粒子に関する様々なテクニックを習得していただくこと、およびナノ粒子からなるナノ組織構造の解析法を理解していただくことを目的としております。
 本セミナーではまず、ナノ粒子が示す様々な機能やその発現メカニズムについて、最新の研究報告を例に具体的に説明します。ついで、無機ナノ粒子を合成する際のサイズ・形態の制御法について理解していただきます。さらに、得られる無機ナノ粒子表面の精密有機修飾法を紹介し、その各種定量評価法や各種特性評価法などについて詳細に説明します。

セミナープログラム

1.ナノ粒子の性質
 1.1 ナノ材料はなぜ注目されているか?
  1.1.1 ナノの領域における機能発現の根拠
  1.1.2 ナノ粒子の結晶面に由来した特徴的機能
  1.1.3 ナノ粒子の透明性
 1.2 ナノ粒子の合成法
  1.2.1 気相法によるナノ粒子合成
  1.2.2 液相法によるナノ粒子合成
  1.2.3 固相法によるナノ粒子合成
 1.3 サイズ(粒子径)・形態制御に適したナノ粒子合成法とは?~気相法では困難な理由~
 1.4 ナノ粒子のサイズ・形態制御のコツ
  1.4.1 如何にサイズを整えるか?
  1.4.2 如何に形を整えるか?
 1.5 水系によるサイズ・形態制御ナノ粒子の合成
  1.5.1 酸化鉄ナノ粒子の合成
  1.5.2 酸化チタンナノ粒子の合成
  1.5.3 ペロブスカイトナノ粒子の合成
 1.6 非水系におけるサイズ・形態制御ナノ粒子の合成
  1.6.1 ポリオール法の特長
  1.6.2 錯体熱分解法
 1.7 ナノ粒子合成における界面の精密制御
 
2.ナノ粒子の精密評価法
 2.1 TEM観察による構造評価
 2.2 IRによる表面修飾状態解析
 2.3 小角X線散乱法によるナノ粒子・有機無機ハイブリッド材料の構造解析
 2.4 ゼータ電位測定装置を用いたナノ粒子の表面状態解析から凝集・分散のコツまで
  2.4.1 ゼータ電位とは?
  2.4.2 ゼータ電位測定原理
  2.4.3 ゼータ電位測定法
  2.4.4 ゼータ電位測定行う意義
 2.5 電導度滴定によるナノ粒子表面の精密解析
 
3.ナノ粒子の配列・自己組織構造制御
 3.1 ナノ粒子への自己組織性の付与の将来性
 3.2 ナノ粒子への液晶性の付与
 3.3 有機無機ハイブリッドナノ粒子からなる自己組織構造とその構造制御技術
 3.4 ナノ粒子の自己組織構造評価法
 
4.無機ナノ粒子表面における有機分子の構造・修飾状態・修飾量の精密解析・評価手法
  ~有機無機ハイブリッドデンドリマーを例にして~
 4.1 NMRを用いた表面有機物の解析
 4.2 TG-DTAを用いた表面有機分子の定量
 4.3 STEMによるナノ粒子配列構造観察
 4.4 小角X線散乱測定による3次元組織構造評価:電子密度マップによる視覚化
 
5.ナノ粒子が拓く未来材料の将来性
 5.1 屈折率制御材料
  5.1.1 屈折率制御材料の特長
  5.1.2 屈折率制御材料とナノ粒子
 5.2 高熱伝導性材料
  5.2.1 高熱伝導性材料の特長
  5.2.2 高熱伝導性無機粒子
  5.2.3 高熱伝導性ハイブリッド材料
 5.3 磁性ナノ粒子:磁気粘性流体開発からナノバイオ材料まで
  5.3.1 磁性ナノ粒子の特長および合成法
  5.3.2 磁気粘性流体とは?
  5.3.3 磁気粘性流体のアプリケーション
  5.3.4 サイズ形態制御磁性ナノ粒子を用いた新たな磁気粘性流体の特長
  5.3.5 磁性ナノ粒子の磁気誘導加熱
  5.3.6 磁性ナノ粒子のナノバイオ材料への適用
 5.4 透明導電性薄膜向けナノ粒子を用いた低温焼成ナノインク開発
  5.4.1 透明導電性薄膜とは?
  5.4.2 ナノインク向け透明導電性ナノ粒子の合成法
  5.4.3 透明導電性ナノインクの調製
  5.4.4 透明導電性ナノインクの特性評価
 5.5 強誘電体ナノ粒子の合成と圧電セラミックスへの展開
  5.5.1 強誘電体とは?
  5.5.2 圧電セラミックスとは?
  5.5.3 圧電セラミックス向けナノ粒子の合成法
 5.6 ナノ粒子の有機無機ハイブリッド化によるメタマテリアルの開発
  5.6.1 メタマテリアルとは?
  5.6.2 トップダウンアプローチによるメタマテリアル調製とその特長
  5.6.3 ボトムアップアプローチによるメタマテリアル調製とその特長
 
6.大学における企業との共同研究の進め方
 
 □質疑応答□