レオロジーを特許・権利化するための基礎科学、測定技術、データ解釈

そのレオロジーのデータ、特許として権利化できるかもしれません

■特許要件としての進歩性に基づいたレオロジー値の測定・評価方法■
■レオロジー物性を的確に把握するための粘度&粘弾性測定のノウハウ■
■権利化に向けた機能と数値範囲との関係の定量的な説明方法■
■経験を踏まえたレオロジー量の権利化とパラメータ特許の留意点■

既存の材料であってもレオロジー量、レオロジー式を特許として権利化できることがある
レオロジーの特許化を基礎科学&応用技術の観点からわかりやすく解説

代表的な工業材料である高分子材料と微粒子分散系に焦点を絞り、
レオロジー数値を特許にするために必要な基礎科学、測定技術、データ解釈について経験を交えてわかりやすく解説

セミナー趣旨

 新材料の発明に際して特許を申請するとき、その請求項としては構造あるいは組成が主であり、物性はそれに付随するものとして取り扱われるのが普通です。しかし、ある機能を実現するためにレオロジー的性質が極めて重要で本質的である(臨界的意義を有する)場合、既存の材料であっても進歩性という観点からレオロジー量やレオロジー式が特許として権利化されることがあります。技術的対象を特定するために数値範囲を限定した特許はパラメータ特許と呼ばれていますが、権利化のためには機能と数値範囲との関係を定量的に説明できることが要件となります。
 本セミナーでは、代表的な工業材料として高分子と微粒子分散系に焦点を絞り、レオロジー数値を特許とするために必要な粘度や粘弾性量の意味、測定技術、メカニズムの基礎理論、データ解釈について経験をまじえてわかりやすく解説します。特許戦略という観点から実際の事件にも触れますので、権利解釈とその判断についても理解を深めていただけるものと考えます。

習得できる知識

○特許要件としての進歩性に基づいてレオロジー値を評価する手法
○レオロジー物性を的確に把握するための粘度および粘弾性測定に関するノウハウの知見
○高分子材料と微粒子分散系について粘弾性的現象論と構造論的メカニズムとを関係づけて解釈する基礎

セミナープログラム

1.パラメータ特許の概要

2.粘度および粘度曲線の特許化
 2.1 粘度挙動の基礎
  1) 粘度の定義とニュートン流動
  2) 非ニュートン流動(擬塑性流動とダイラタント流動)
  3) 粘度の時間依存性挙動(チクソトロピー)
  4) 技術用語「チクソ性」のあいまいさ
 2.2 粘度測定における留意点
  1) JISに規定されている粘度測定法の特徴
  2) B型粘度計における粘度測定
  3) 粘度の履歴現象と平衡流動曲線
  4) 降伏応力の測定と評価
 2.3 高分子と分散系の粘度挙動に関する材料科学の基礎
  1) 高分子の分子運動と分子形態
  2) 低濃度高分子溶液のゼロせん断粘度と分子量
  3) 高分子鎖のからみあい
  4) 高濃度高分子溶液の非ニュートン流動
  5) 微粒子分散系のおける粒子間相互作用と凝集
  6) 凝集分散系の非ニュートン流動
 2.4 粘度挙動に関する特許の例
  1) 粘度値による特許
  2) 流動曲線による特許
  3) 粘度特許の解釈と技術的あいまいさ
 
3.動的粘弾性値の特許化
 3.1 粘弾性の基礎
  1) 弾性と粘性の基礎
  2) 粘弾性モデル(マックスウェルモデルとフォークトモデル)
  3) 動的粘弾性(複素弾性率)の定義
  4) 動的粘弾性曲線の特徴
  5) 動的粘弾性曲線による固体と液体の判別
 3.2 高分子と分散系の粘弾性挙動に関する材料科学の基礎
  1) 高分子の分子運動と温度
  2) 無定形高分子における時間―温度換算則
  3) 高分子の粘弾性挙動と分子量
  4) 高分子における高次構造性と粘弾性
  5) 分散系における微粒子の凝集と三次元網目構造の形成
  6) 凝集分散系の動的粘弾性曲線
 3.3 粘弾性に関する特許の例
  1) 粘弾性値に関する特許
  2) 粘弾性特許の解釈と技術的あいまいさ

4.パラメータ特許に関わる具体例(事件)の解説
 4.1 権利解釈と判断
  1) 異議申し立てに対する対応と判断事例
  2) 効果(発明の課題)とレオロジー量との関係についての判断事例
 4.2 パラメータ特許取得に際しての経験と留意点
  1) 権利化しない選択
  2) 米国特許取得の経験談
  3) 学術論文と特許

□質疑応答□

数値限定発明、特許異議の申立て、非ニュートン流動、チクソ性、動的粘弾性、降伏応力、B型粘度計、高分子材料、微粒子分散系

セミナー講師

千葉大学 名誉教授 工学博士 大坪 泰文 氏

セミナー受講料

※お申込みと同時にS&T会員登録をさせていただきます(E-mail案内登録とは異なります)。

44,000円( E-mail案内登録価格41,800円 )
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 44,000円 (2名ともE-mail案内登録必須/1名あたり定価半額22,000円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともE-mail案内登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※請求書(PDFデータ)は、代表者にE-mailで送信いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※他の割引は併用できません。

受講について

Zoom配信の受講方法・接続確認

  • 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信となります。PCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。
  • 事前に「Zoom」のインストール(または、ブラウザから参加)可能か、接続可能か等をご確認ください。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー中、講師へのご質問が可能です。
  • 以下のテストミーティングより接続とマイク/スピーカーの出力・入力を事前にご確認いただいたうえで、お申込みください。
    ≫ テストミーティングはこちら

配布資料

  • 電子媒体(PDFデータ/印刷可)

関連記事

もっと見る