【中止】高分子レオロジーへの入門 −測定原理とデータの見方をつなげる−

マスターカーブの作り方と読み方を丁寧に詳解いたします!
「架橋度」「分子量」「相溶性」などのパラメータが測定データに与える影響とは?

セミナー趣旨

レオロジーは様々な材料を対象にしており、特に高分子分野でさかんに使われています。そのため高分子レオロジーには多くの蓄積がありますが、この膨大さが入門者にとって障壁になることもあります。そこで本セミナーではできるだけ内容を絞って、「レオロジーの基本」、「高分子レオロジーの初歩的な理論」、「具体的な高分子レオロジーデータの見方」という3つのアプローチで高分子レオロジーを解説していきます。
「すぐにわかる」というよりは「参加したみなさんが自分で学んでいくための準備」という内容のセミナーを考えています。水泳でいうと「まず、前へ進んでいくことと息継ぎができるようにする」といったイメージです(レオロジーの海で溺れないために!)。

習得できる知識

・応力緩和、温度分散、周波数分散などの各測定の原理と関係
・マスターカーブの作り方と読み方
・レオロジーでの高分子鎖の描像
・典型的な測定データの読み方

セミナープログラム

  1. レオロジーの基本
    1. 弾性体と粘性体の性質
    2. 粘弾性体の性質
    3. マックスウェルモデルで緩和時間を考える(応力緩和)
    4. ひずみ速度と粘弾性体の応答
  2. 静的測定と動的測定
    1. レオロジー測定の分類
    2. 周波数分散と応力緩和
    3. 数学の準備Ⅰ〜Ⅲ(微分方程式の解き方など)
    4. マックスウェルモデルを使った周波数分散測定の解析
    5. 「デボラ数」で周波数分散測定と温度分散測定を考える
  3. 温度-時間換算則とWLF式
    1. 応力緩和と周波数分散のマスターカーブ
    2. 温度-時間換算則とマスターカーブ
    3. WLF式による温度-時間換算則の整理
    4. マスターカーブから得られる情報
  4. レオロジーでの高分子の描像
    1. エネルギー弾性とエントロピー弾性
    2. 「セグメント」による高分子鎖の描像
    3. ガラス状態での応力の起源
    4. ゴム状態での応力の起源
    5. 高分子鎖でおきている運動
    6. 高分子鎖運動のモデル化(ラウスモデルと管モデル)
  5. さまざまな高分子材料のレオロジー測定データ
    1. データを見る際の4つの考え方
    2. 線状高分子の分子量変化とレオロジーデータ
    3. 架橋度を変えた場合のレオロジーデータ
    4. 結晶性高分子のレオロジーデータ
    5. レオロジー測定による相溶性の評価

【質疑応答】

セミナー講師

東亞合成(株) R&D総合センター 応用研究所 主査 騠田 じゆん 氏

セミナー受講料

1名につき55,000円(税込・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき49,500円〕

受講について

  • 本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
  • 下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
     → https://zoom.us/test
  • 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
    セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
    Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。
  • パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
  • セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
    お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。
  • 当日は講師への質問をすることができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
  • 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、
    録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
  • 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
    複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。
    部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

関連記事

もっと見る