人が仕事をしている限りヒューマンエラーは必ず起こります。
ヒューマンエラーを問題化させないためにはエラーがわかる仕組みが必要です。

セミナー趣旨

本コースではヒューマンエラーの原因と環境を徹底的に洗い出して撲滅することを目的としています。
本コースで学ぶことは、製造業だけでなく、情報産業などサービス業などにも広く応用できます。

受講対象・レベル

  • 製造ラインの管理監督者や安全管理者の方
  • 安全衛生担当部署に新たに配属された方
  • 部下のヒューマンエラーに悩む管理職やリーダーの方

セミナープログラム

1日目 9:30~17:00

  • ヒューマンエラーとは
    ヒューマンエラーと聞いて何を思い浮かべますか?
    ヒューマンエラーが原因とされる災害・事故事例
    私の体験したヒューマンエラー
    痛いのは人だけではない
    人のミスはすべてヒューマンエラー?
    ヒューマンエラーの定義
    その行動に意図はあったか
    計画段階・実行段階
    エラーの特徴
  • ヒューマンエラーはなぜ起こるのか ヒューマンエラーの研究史
    エラーをゼロにすることはできない?
    エラーのメカニズム
    スイスチーズモデル
    エラーの分類
  • ヒューマンエラーの原因分析
    予防分析
    事後分析
  • ヒューマンエラーの防止対策
    発生防止と早期発見
    3つの側面
    ヒューマンエラーのリスクアセスメント
    再発防止の流れ
    ヒューマンエラーの防止
    SHELモデルと対策
    早期発見のために
  • これからクローズアップされると思われる課題
  • 事例紹介

セミナー受講料

受講料 (通常価格)37,400円(税込)
修了者/紹介者割引価格 33,660円(税込)

※テキスト代、修了証書発行代、昼食代含む。


関連記事

もっと見る