介護ロボット、スマホ、LIFEの活用で
オペレーション改善の実践

■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

セミナープログラム

Ⅰ.善光会の介護DXによるオペレーション改善の実践と
  福祉現場を取り巻くテクノロジー活用の最新状況

15:00~16:00     宮本 隆史(みやもと たかし) 氏

社会保障費の増大化や介護人材不足が顕在化する中、社会福祉法人善光会では、理念である「オペレーションの模範となる」「業界の行く末を担う先導者」を形にすべく2009年ごろから介護ロボット機器などの最新のテクノロジーを導入し、業界にいち早く生産性の高いオペレーションを確立した。こうした自施設での事例をはじめ、福祉施設のDX化や福祉現場を取り巻くテクノロジーの状況について解説する。

1.介護の質と生産性向上の両立
2.介護DXによるオペレーション改善
3.介護士の業務負担軽減
4.科学的な介護と介護アウトカムの創出
5.介護ロボット・センサーの最新動向
6.人材育成とスマート介護士
7.センサー機器の複合利用環境の構築

 

Ⅱ.LIFEデータを活用した「科学的介護」実践のポイント

16:10~17:10     野尻 晋一(のじり しんいち) 氏

令和3年度の介護報酬改定で、科学的介護システム(LIFE)が導入された。今後、介護保険下の看護、介護、リハビリテーション等のサービスはLIFEを活用してPDCAサイクルを回しサービスを提供することになる。そしてLIFEのデータは医療のDB、介護予防のDB等々と次々と連結され、デジタル空間において様々な情報の共有が図られ、ケアプランやリハビリテーションプランの作成等に応用されていく予定である。現場はまだ混乱状態にあり、導入を見合わせている施設も多い。
今回の講義では、LIFE導入の体制づくりから、活用方法、今後の展開について解説する。

1.LIFEとは
2.LIFE導入の体制づくり
3.LIFEのデータ提出と業務効率化
4.LIFEフィードバックデーターの活用
5.今後のLIFE活用の展開

 

Ⅲ.スマートフォン1台で記録入力、コール、見守りを可能にする
  EGAO link活用の導入からデータ活用まで

17:20~18:20    中元 亮介(なかもと りょうすけ) 氏

ICT活用による、介護現場の業務効率化、介護職員間のコミュニケーションの質の向上、科学的介護実現に向けた挑戦までの道筋をご紹介する。
当社は、業界で初めて、スマートフォン1台で、眠り検知センサー、ナースコール、介護記録の業務オペレーションが回せるシステム構築を実現した。最大の障壁と言われている、介護現場でのIT導入から、定着そしてデータ活用までの一連のプロセスをご紹介する。

1.IT導入に至った背景
2.介護現場への浸透と業務効率化実現
3.削減時間の検証・効果
4.サービスの定量化と試行錯誤
5.ご入居者へのメリット
6.データの構築と課題
7.データ活用と運営マネジメントへの活用

セミナー講師

宮本 隆史(みやもと たかし) 氏

野尻 晋一(のじり しんいち) 氏

中元 亮介(なかもと りょうすけ) 氏

セミナー受講料

1名につき 33,500円(税込)

同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)

受講について

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを開催前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3〜5営業日後を目安にVimeoにて配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、
   視聴用URLをお送り致します。
<3>動画は公開日より2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴頂けます。

※ライブ配信受講者様は、追加料金11,000円(税込)で
 アーカイブ配信を承ります。


関連記事

もっと見る