“瞳孔や眼球の動き” をどのように計測・解析するのか?
そこから何が読み取れるのか?

「居眠り運転防止技術」:今後の可能性・展望は?

セミナー講師

 平田 豊 先生    中部大学 大学院 工学研究科 ロボット理工学専攻/工学部 ロボット理工学科 教授 博士(工学)

セミナー受講料

1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

受講について

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

配布資料・講師への質問等について

  • 配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
    (開催1週前~前日までには送付致します)。

    ※準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)
  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

下記ご確認の上、お申込み下さい

  • PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
    各ご利用ツール別の動作確認の上、お申し込み下さい。
  • 開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。

Zoomを使用したオンラインセミナーとなります

  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
    お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
    確認はこちら
    ※Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
  • Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
    ※一部のブラウザは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります。
     必ずテストサイトからチェック下さい。
     対応ブラウザーについて(公式) ;
     「コンピューターのオーディオに参加」に対応してないものは音声が聞こえません。

セミナー趣旨

 「目は口ほどにものをいう」と言われますが、脳の意識的、無意識的な状態が眼球運動や瞳孔運動に反映されるので、「口以上にものをいう」可能性があります。眼球運動には様々な種類があり、Yaw、Pitch、 Rollの3次元回転をしますが、それぞれに異なる脳部位が関わっています。ウェアラブルデバイスにより容易に目が常時観測可能になった今、目から人の様々な状態をリアルタイムモニタリングすることが可能になっています。本講演では、眼球、瞳孔運動の生理解剖学的な基礎から、各種眼球、瞳孔運動の人の状態推定への応用法について取り上げます。

受講対象・レベル

・眼球運動や各生体情報を計測・解析したい方
 ・それによる応用技術・新製品・新商品を検討したい方
 (ドライバーの居眠り運転防止技術、アスリートの運動能力向上技術など)
・生体を計測するためのセンサ・デバイスの研究開発者

習得できる知識

・瞳孔や眼球運動、各種生体情報の計測と解析・解釈方法
・生体現象の数理モデル化とシミュレーション解析の方法
【応用事例として】
・瞳孔・眼球運動を指標とした居眠り運転防止技術の研究開発
・スポーツ選手の眼球運動計測とパフォーマンス改善トレーニング

セミナープログラム

1 眼球運動と瞳孔の解剖学概論
 1.1   眼球と筋肉系の構造
 1.2   三次元剛体回転の非可換性と眼球運動
 1.3   眼球運動に関わる脳部位
 1.4   瞳孔筋系の構造
 1.5   瞳孔制御に関わる脳部位

2 様々な眼球運動:役割と性質
 2.1   サッカード
 2.2   サッカード後の眼位保持(中枢神経積分器)
 2.3   滑動性眼球運動
 2.4   輻輳眼球運動
 2.5   視運動性眼球運動
 2.6   前庭動眼反射
 2.7   固視微動

3 眼球運動に基づく人の状態(眠気、注意、自律神経活動)検知に関する知見・研究事例紹介(順不同)
 3.1   瞳孔応答からの自律神経活動推定
 3.2   瞳孔に現れる眠気とその予兆
 3.3   瞳孔と単語学習
 3.4   マイクロサッカードと注意
 3.5   前庭動眼反射と覚醒度
 3.6   心拍と前庭動眼反射
 3.7   輻輳眼球運動に現れる眠気とその予兆
 3.8   視運動性眼球運動と未来予測
 3.9   自動車運転時に評価可能な眼球運動
 3.10 球技時の滑動性眼球運動とサッカード

4 今後のウェアラブルデバイス開発等に向けて
 4.1   デバイスに求められる特性
 4.2   今後の展望
<質疑応答>


*Zoomウェビナーの機能「Q&A」をご利用いただけます。
*またお話できる方は、口頭質問も可能です。適宜マイクを使用可に致します。
*セミナー後の講師へのメール質問も可能です。
  (量や内容次第では回答しかねることもございます。ご了承くださいませ。)