労働基準監督署の立入調査は、
ある日突然やってきます!
働き方改革関連法の影響を踏まえ、対応を解説


■会場受講  ■ライブ配信
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

セミナー講師

斉藤 貴久(さいとう たかひさ) 氏 : 斉藤社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士

斉藤社会保険労務士事務所所長、法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員、日本労使関係研究協会(学会)会員、東京都社会保険労務士会会員。
法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了(経営学専攻/MBA)。
上場企業の人事マネージャー及び商社系コンサルティングファームのシニアコンサルタントを経て社労士事務所を開設。「人事屋」として労務相談、人事制度構築、従業員意識調査、人事コンプライアンス調査などの業務を提供している。

セミナー受講料

1名につき 33,990円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)


本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます。
申込の際、備考欄に「会場受講」「ライブ配信」のいずれかをご記入ください。

■ライブ配信について
<1>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送り致します。

セミナー趣旨

労働基準監督署の立入調査は、ある日突然やってきます。法人に拒否する権限はありません。それが、臨検です。臨検で法違反が明確になれば、是正勧告を受けることになります。そうなる前に、または、そうなった後に、どのように対応するべきか。事前に知っておくべきでしょう。また、2019年4月1日から働き方改革関連法が施行され、労働基準監督署の臨検に影響を及ぼしています。
本セミナーでは、改正労働基準法等の施行を踏まえ、臨検の概要から是正勧告等に対する報告書の作成まで、想定される情報を共有しながら、わかりやすく解説いたします。

セミナープログラム

1.労働基準監督署と労働基準監督官
 (1)労働行政の組織
 (2)労働基準監督官とは
 (3)労働基準行政の運営方針

2.臨検の概要
 (1)臨検は、いつ、どこで、誰が、どのように?
 (2)定期監督と申告監督

3.臨検に対する準備(監督官がくる前に)
 (1)臨検の通知状および準備すべき書類
 (2)臨検までに、やることを決める
 (3)準備書類に関する主な確認事項

4.臨検当日の対応から報告まで
 (1)調査の流れとポイント
 (2)是正勧告書と指導票の違い
 (3)是正勧告書から改善報告書への展開事例
 (4)指導票から改善報告書への展開事例

5.臨検に際して検討すべき課題
 (1)サービス残業
 (2)名ばかり管理職
 (3)長時間労働

6.最近の動向