ぬれ性(はっ水/はつ油/親水性)制御技術の基礎と応用【LIVE配信】

固体表面のぬれ性をいかに制御し、どう評価するか?

動的ぬれ性制御技術を利用して作製したはっ水性/はつ油/親水性表面について分かりやすく詳解!

※本セミナーは、ZoomによるWEBセミナーに変更しました。会場開催はございません。

セミナー講師

(国研)産業技術総合研究所 極限材料研究部門 研究グループ長 博士(工学) 穂積 篤 氏

<専門>
 表面化学、薄膜工学、材料プロセス工学
<学協会>
 アメリカ化学会、アメリカ接着学会、日本化学会、高分子学会、表面技術協会

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

受講について

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • 「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、ZOOM をダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
  • お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
    一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますがLIVE配信のみのセミナーです。
  • お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
  • 後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  • セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は事前にお送りいたします。
  • ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
    個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

セミナー趣旨

 これまで、固体表面のはっ水性/はつ油性は、静的な接触角の大小で評価されることが一般的であった。しかし、静的な接触角の値が同じでも、表面状態によって液滴は異なった動的挙動を示す。本セミナーでは、固体表面のぬれ性をいかに制御し、どう評価するかについての基礎知識の修得を目指すとともに、演者らが取り組んでいる動的ぬれ性制御技術や、それを利用して作製したはっ水性/はつ油/親水性表面について、実例を挙げながら分かりやすく詳細に解説する。

受講対象・レベル

・表面処理(はっ水/はつ油/親水性)に関する研究/技術開発に関わる企業研究者、技術者の方。

習得できる知識

・実用基板の表面処理(はっ水/はつ油/親水性)に関する基礎知識。
・ぬれ性評価の正しい知識。
・最新の研究開発動向

セミナープログラム

1.はじめに
 1-1.Youngの式(ぬれの基本式)
 1-2.CassieとWenzelの式(凹凸表面、複合表面におけるぬれ)
 1-3.CassieとWenzelの式は本当に正しいのか?
 1-4.既存理論を否定する研究事例
 1-5.3相接触線の重要性
 1-6.静的接触角について

2.動的ぬれ性について
 2-1.動的ぬれ性とは?
 2-2.動的ぬれ性制御の重要性
 2-3.動的接触角と測定方法
 2-4.接触角ヒステリシスとは?
 2-5.接触角ヒステリシス制御に関する過去の研究
 2-6.接触角ヒステリシスを抑制するためのコンセプト
 2-7.接触角ヒステリシスと滑落性の関係

3.最近の超はっ水/超はつ油処理の研究動向
 3-1.超はっ水処理の最近の研究動向
 3-2.超はつ油処理の最近の研究動向

4.有機フッ素化合物や微細構造を利用しないはっ水/はつ油処理
 4-1.特殊構造有機シラン単分子を利用した表面処理
 4-2.PDMSポリマーブラシを利用した表面処理
 4-3.有機-無機ハイブリッド皮膜を利用した表面処理
 4-4.耐熱性に優れたはつ油皮膜
 4-5.自己修復機能を有する超はっ水皮膜
 4-6. 親水性と滑水性を兼ね備えた透明皮膜
 4-7. 氷雪付着抑制材料

5.最近の親水/超親水処理の研究動向
 5-1.親水/超親水処理の最近の研究動向
 5-2.防曇処理
 5-3.魚類体表を模倣した多機能防曇皮膜(抗菌性・抗カビ性、水中防汚性) 

6.まとめ、質疑応答、名刺交換


キーワード
親水、撥水、動的、ぬれ、制御、接触角、フッ素