分散剤の種類と選び方
最適な配合と添加・分散条件の選び方

同じように分散させても、再現性にバラつきが出るのか何故か?

セミナー講師

【第1部】関西大学 環境都市工学部 名誉教授 工学博士 芝田 隼次 氏
【第2部】アシザワ・ファインテック(株) 微粒子技術研究所 主任研究員 石井 利博 氏
【第3部】筑波大学 生命環境系 准教授 博士(農学) 小林 幹佳 氏
【第4部】大塚電子(株) 粒子物性開発部 粒子物性西日本分析グループ 稲山 良介 氏

セミナー受講料

1名につき60,000円(消費税抜,昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき55,000円〕

セミナープログラム

【10:00〜12:00】
第1部 微粒子分散メカニズムと分散剤の選定と配合量の最適化,粘度低下対策
●講師 関西大学 芝田 隼次 氏

【講座の趣旨】
微粒子分散の基礎からお話しします。主に有機溶媒中での微粒子の分散の考え 方について述べます。したがって、これから活躍される若手の技術者、これから指 導的立場に立たれる技術者にお聞きいただいたら大いに参考になると思います。

【セミナープログラム】
1.微粒子分散のための条件
  1.1 粒子の大きさと沈降速度   
  1.2 分散と凝集の原因
  1.3 粒子間に作用する力
  1.4 ゼータ電位の役割

2.主な分散の評価方法

3.微粒子分散の粘度調整
  3.1 微粒子分散液の粘度低下  
  3.2 微粒子分散液の形態

4.微粒子を有機溶媒中でうまく分散させるには?
  −溶解パラメータによる評価−

5.微粒子を水溶液中でうまく分散させるには?
  −吸着層と立体障害効果からの評価−

6.微粒子に対する分散剤の選定はどうするのか?
  −分散剤の選定と分散状態の評価法−

7. 分散評価と分散剤の配合量の最適化をどうしたらよいか?
  −ハマカー定数からの検討−

【質疑応答】


【12:40〜14:00】
第2部 ビーズミルによる微粒子分散技術
●講師 アシザワ・ファインテック(株) 石井 利博 氏

【講座の趣旨】
 スラリー中に存在する微粒子の凝集体を分散するためには分散機が必要である。分散機には様々な種類があるが、ビーズミルは微細化が可能で分散効率のよい装置である。このビーズミルの分散技術について解説する。

【セミナープログラム】
1.粉砕・分散・乳化について

2.ビーズミルの用途

3.分散機の原理・特徴

4.ビーズミルの原理・特徴

5.ビーズミルの運転方法

6.ビーズミルの粉砕・分散効率に影響を与える因子

7.微小ビーズの効果

8.投入動力量と粉砕・分散の関係

9.過分散とマイルド分散(r) 

10.マイクロビーズ対応型ビーズミル

11.ビーズミルでの分散例

【質疑応答】


【14:10〜15:30】
第3部 化粒子の分散・凝集とゼータ電位
●講師  筑波大学 小林 幹佳 氏

【講座の趣旨】
微粒子分散系の安定性を考える際に基礎となるゼータ電位とDLVO理論の理解を目指します。

【セミナープログラム】
1.ゼータ電位とは何か
  1.1 微粒子の帯電と界面動電現象
     (電気泳動,電気浸透,流動電位)の発見
  1.2 電気二重層
  1.3 表面電荷の起源
  1.4 電位決定イオンと無関係イオン
  1.5 表面の電荷と電位
  1.6 電気泳動移動度とゼータ電位
  1.7 電気二重層の緩和効果
  1.8 実験と解析例

2.ゼータ電位から何がわかるか
  2.1 コロイドの凝集分散・安定性について
     1900年ころにわかっていたこと
  2.2 ファンデルワールス引力
  2.3 電気二重層の重なりと静電力
  2.4 DLVO理論
  2.5 臨界凝集濃度とシュルツ・ハーディー則
  2.6 デリヤギン近似
  2.7 コロイドの安定性の評価と制御
  2.8 凝集速度と安定度比
  2.9 非DLVO相互作用

【質疑応答】


【15:40〜17:00】
第4部 ゼータ電位・粒子径測定による微粒子分散系の安定性とその評価
●講師 大塚電子(株) 稲山 良介 氏

【講座の趣旨】
溶液中に分散する粒子の分散・安定性の評価は、一般的にゼータ電位や粒子径、粒度分布などがある。特にナノ粒子から数μmの粒子においては、最も簡便な測定法として光散乱電気泳動法、動的光散乱法がある。今回、その手法の測定原理、測定時のノウハウおよびアプリケーションデータを紹介したい。

【セミナープログラム】
1.光散乱について

2.ゼータ電位測定の原理
  2.1 ゼータ電位とは
  2.2 原理について
  2.3 解析方法について

3.粒子径測定の原理
  3.1 原理について
  3.2 解析方法について
  3.3 動的光散乱法の特徴

4.ゼータ電位,粒子径の測定技術
  4.1 測定上の注意点
  4.2 サンプル調製時のノウハウ

5.ゼータ電位,粒子径・粒度分布の測定例

【質疑応答】