ヘルスケア領域におけるデジタルトランスフォーメーション(DX) 〜ヘルスケア・アプリを活用した新規事業・サービスの企画立案からシステム化要件、開発・運用に至る一連のノウハウ〜

ヘルスケア・アプリの開発には、通常のアプリ開発とは異なる注意が必要!
本セミナーでは、以下キーワードを中心にポイントを解説。

① 薬機法などを踏まえたユーザー要件とシステム要件
② セキュリティ対策
③ UI設計
④ ユーザー体験(UX)の構築
⑤ 利用ログ活用など運用サイクル構築など。

セミナー講師

株式会社メディエイド 代表取締役社長CEO 矢島 弘士 先生
■経歴
1996年 東京工業大学電気電子工学科卒業
1998年 東京工業大学大学院理工学研究科電子物理工学専攻修士課程修了
 日本電信電話(株)アクセスサービスシステム研究所、(株)野村総合研究所、スプリームシステム(株)を経て、2009年に株式会社メディエイドに入社。入社以来、様々なヘルスケア・システム案件のプラニング・フェーズからシステム構築にいたるプロジェクト・マネージャーや、ヘルスケア領域でのコンサルティング活動などを行ってきた。2017年には、これまで蓄積したノウハウを活用し、自社のPHRコミュニケーション・プラットフォーム「ライフパレット」の企画から立ち上げまでを行ってきた。
2016年より取締役COO、2019年より代表取締役社長CEOに就任。
■専門および得意な分野・研究
ヘルスケア領域におけるデジタルを活用した様々なヘルスケア・サービスの企画や開発

セミナー受講料

1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

 ヘルスケア領域におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)によって、患者への接点も考慮したデジタルを活用したサービス立ち上げの機会が増えてきていると考えています。デジタルを活用したサービスを立ち上げるにあたっては、サービス概要図でとどまるのではなく
①薬事法などを踏まえたビジネス・フロー作成によるユーザー要件とシステム要件の洗い出し
②機微情報を扱うシステムであるということを踏まえたセキュリティ対策
③患者利用継続を考慮したヘルスケア・アプリUI設計や継続化の仕組み検討までをも踏まえた開発が必要になると考えています。また実際にサービスが利用され、ヘルスケア・アプリを活用した事業が回るようにするためには
④利用者がアプリを認知して、利用してもらうようにするまでのユーザー体験(UX)の構築
⑤利用ログを活用した現状把握と対策といった運用サイクルの構築も必要となってきます。
 本講座では、ヘルスケア領域における変化とデジタルの変遷、そのような変化の中で生まれてきた様々なヘルスケア領域におけるデジタル・サービスなどを取り上げつつ、具体的にヘルスケア・アプリを開発する際に考慮すべきポイント、そして具体的な開発プロセスなどをご紹介します。

習得できる知識

・ヘルスケア領域における概要
・ヘルスケア・アプリ市場における動向
・ヘルスケア・アプリ開発プロセスの実際

セミナープログラム

1. ヘルスケア領域における概要
 1.1 ヘルスケア領域における動向
 1.2 ヘルスケア領域におけるデジタル動向

2. 関連法規制・ガイドライン
 2.1 セキュリティ関連ガイドライン
   ※特に医療情報ガイドライン(3省3ガイドライン)
 2.2 薬機法
 2.3 改正個人情報保護法

3. アプリ開発のポイント
 3.1 ビジネス・スキーム作成
 3.2 ビジネス・フロー設計
 3.3 ユーザー要件とシステム化要件
 3.4 セキュリティ対策
 3.5 デザイン
 3.6 設計
 3.7 開発・試験
 3.8 アプリ公開
 3.9 プロモーション用資材
 3.10 ユーザーフォロー
 3.11 アクセスログ分析と対策

4. まとめ