「EVM」とは

EV(Earned Value)とは、直訳すれば「稼いだ価値」となります。 例えばプロジェクト計画時に予定した日程が遅れそうになった時に人員や設備を増加して何とか間に合わせたとしても、それは計画どおりとは言えません。 実際に得られた価値と投入したコストを時間軸に沿って評価する事で計画に対する現時点での評価やプロジェクト完了時点での到達予想を定量的に実行する事が可能となり、このEVを使ったプロジェクトの実績と進捗を管理する方法がEVMです。