「マインドマップ」とは

マインドマップとは、英国のトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つで、対象物を中心に、そこから連想、分岐されるものをツリー状に書きとめていく方法です。 人間の脳はイメージやキーワードを引き金として、放射状に考えを拡げていくと言われ、この頭の中の記憶構造と近い形で情報を記録することで、効率的に記憶できると考えるものです。 元祖マインドマップはアイコンや線の色、太さなども印象的に描きますが、今では簡単にグラフィカルなマインドマップを作成できるPCソフトウェアも普及しており、身近な作業効率化ツールとなっています。