ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > マインドマップ

マインドマップ とは

マインドマップとは、英国のトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つで、対象物を中心に、そこから連想、分岐されるものをツリー状に書きとめていく方法です。 人間の脳はイメージやキーワードを引き金として、放射状に考えを拡げていくと言われ、この頭の中の記憶構造と近い形で情報を記録することで、効率的に記憶できると考えるものです。 元祖マインドマップはアイコンや線の色、太さなども印象的に描きますが、今では簡単にグラフィカルなマインドマップを作成できるPCソフトウェアも普及しており、身近な作業効率化ツールとなっています。


マインドマップの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

マインドマップの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


マインドマップの専門家

氏名 会社名
髙橋 誠 株式会社創造開発研究所 企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし…
大串 隆史 三現主義経営事務所 成功のカギは「現地・現物・現実」です!三つの「現…
片桐 朝彦 株式会社アイデア 従来品の20%アップを目指すなら、今までのやり方…

マインドマップで解決できる課題

13件中 113件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 企画 企画構想の変更を防止したい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 企画 社内で開発した技術から製品を企画したい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 設計・開発 過去の情報を有効に活用したい
1 設計・開発 ソフトウェア開発を効率化したい
1 生産 慢性品質不良を解決したい
1 生産 不良原因を特定し、的確に対策したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら