ホーム > 技法解説 > 新QC7つ道具 > 系統図法(ツリーダイヤグラム)

系統図法(ツリーダイヤグラム) とは

系統図法(ツリーダイヤグラム)とは、ものごとを考える過程で、ある項目と因果関係のある複数の項目を順次ツリー状に結び付けてゆくことで系統的に整理する方法です。 目的を実現する方策・手段を展開してゆく「方策展開型」と、組織図などのように業務や機能の構成要素を系統的に整理する「構成要素展開型」に大別できます。 前者は信頼性向上手法である「FTA(Fault Tree Analysis)」、後者は設計の準備段階で使われる「機能展開」がその範疇に含まれると考えられ、いずれも思考パターンを見える化した「マインドマップ」とも通じるものがあり、ものごとを整理する時に自然に取られる思考法と言えそうです。


系統図法(ツリーダイヤグラム)の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

系統図法(ツリーダイヤグラム)の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


系統図法(ツリーダイヤグラム)の専門家

氏名 会社名

系統図法(ツリーダイヤグラム)で解決できる課題

13件中 113件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 設計・開発 開発期間を短縮したい
1 設計・開発 ソフトウェア開発を効率化したい
1 生産 開発した技術特性を安定化したい
1 生産 生産スループット、生産量を上げたい
1 生産 生産リードタイムを短縮したい
1 生産 環境に配慮した生産を実現したい
1 生産 安全性の高い生産現場を実現したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら