専門家「伊藤 朋之」プロフィール

伊藤 朋之

技術が「見える」「使える」「残せる」を実践するメカニズム展開の仕組みによって、品質トラブルによる開発のモグラ叩き、技術の劣化・空洞化を解決し、人を育てて技術をスパイラルアップさせる支援をします。

伊藤 朋之

専門家専門家B いとう ともゆき / 神奈川県 /

保有資格 Ph.D.(工学)、唎酒師
対応エリア 全国

対応分野

技術マネジメント
MBD
商品企画7つ道具
商品企画7つ道具 品質表(QFD)
新QC7つ道具
系統図法(ツリーダイヤグラム)
デジタル工学
デジタル工学 CAE/シミュレーション
固有技術
機械技術

経歴

1988年北海道大学大学院工学研究科修了(修士)。1994年米国Columbia大学大学院機械工学科博士課程修了(Ph.D.)。同年富士ゼロックス株式会社入社。以来、物理モデリングと数値計算による画像形成技術のメカニズム解析、メカニズムベース開発による開発生産性向上、および社外向け製造業ソリューションとしてのTD2Mのコンサルタント業務に従事。専門は機械工学。

業務実績

富士ゼロックス(株)にてメカニズムベース品質機能展開(MB-QFD)の手法とそれを実現するTD2Mシステムを開発。2019年から2020年にかけてMB-QFDとTD2Mの価値検証および実践を支援するため、十数セットの有償コンサルティング(通算50回のワークショップでの実践指導)を実施。