「3次元スキャナ」とは

3次元スキャナとは、対象物の立体形状を3Dデータとして取り込む装置で、対象物にセンサーを直接あてながら座標を測定していく接触式と、レーザー光の反射などを使う非接触式があり、いずれも3次元座標をデータとして取り込んで「ポリゴンデータ」という立体のデータに変換します。 接触式のスキャンは精度が高いというメリットがある一方で、その分測定に時間を要します。 対象物に非接触でレーザー光をあてるタイプでは、対象物から反射するレーザー光を三角法で解析して対象物までの距離を計測し、縞模様のライン光を照射するタイプは、ラインのパターンを解析して、スキャナから対象物までの距離を計測し、高速で処理します。

◆関連事例記事『現場情報自動収集により現場マネジメントの壁を崩すとは』

◆関連セミナー紹介

◆関連教材紹介


「3次元スキャナ」のキーワード解説記事

もっと見る
三次元スキャナとは

  三次元スキャン技術の発展は、業務を劇的に複数の業界で改善しました。三次元スキャンにより、コスト効率は向上しました。この先端技術を業務に...

  三次元スキャン技術の発展は、業務を劇的に複数の業界で改善しました。三次元スキャンにより、コスト効率は向上しました。この先端技術を業務に...


「3次元スキャナ」の活用事例

もっと見る
3次元設計:ペーパーレス時代において組み立て・保全担当者に求められるスキルとは

         今回は、3次元設計を実現している金型メーカーの組み立てや保全担当者の作業方法につ...

         今回は、3次元設計を実現している金型メーカーの組み立てや保全担当者の作業方法につ...