ホーム > 技法解説 > デジタル工学 > 3次元スキャナ

3次元スキャナ とは

3次元スキャナとは、対象物の立体形状を3Dデータとして取り込む装置で、対象物にセンサーを直接あてながら座標を測定していく接触式と、レーザー光の反射などを使う非接触式があり、いずれも3次元座標をデータとして取り込んで「ポリゴンデータ」という立体のデータに変換します。 接触式のスキャンは精度が高いというメリットがある一方で、その分測定に時間を要します。 対象物に非接触でレーザー光をあてるタイプでは、対象物から反射するレーザー光を三角法で解析して対象物までの距離を計測し、縞模様のライン光を照射するタイプは、ラインのパターンを解析して、スキャナから対象物までの距離を計測し、高速な処理がメリットです


3次元スキャナの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

3次元スキャナの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


3次元スキャナの専門家

氏名 会社名
日名地 輝彦 株式会社応用技術研究所 豊かな社会のために基礎技術を組み合わせ、新しい付…






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら