ホーム > 技法解説 > 戦略/マーケティング > ランチェスター戦略

ランチェスター戦略 とは

ランチェスター戦略とは、英国のランチェスターが1916年に発表した空中戦争における戦力と損害量の関係を、1970年代にマーケティング分野に応用した考え方です。 第一法則は局地戦であり、損害量は戦力に反比例しますが、小さな戦場では少ない経営資源を集中できる事から弱者の戦略になります。 一方第二法則は広域戦であり、損害量が戦力の二乗で効いて来るため、弱者にとっては極めて不利となり、強者の戦略です。 この大原則をいくつかのサブ原理に展開し、強者、弱者それぞれが取るべき定石を提示してくれます。




ランチェスター戦略の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

ランチェスター戦略の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


ランチェスター戦略の専門家

氏名 会社名
鈴木 甫 NS管理技術研究会 IPI ものづくり革新実践塾 ものづくり革新は‘頭と技法の使いよう…まずはご連…
谷萩 祐之 谷萩ビジネスコンサルティング グローバルビジネスの経営戦略策定から現場に密着し…
城田 靖彦 日本ビジネス革新コンサルティング(株) 改善活動は人財育成の場です。ポテンシャルを引き出…
羽根田 修 日本ビジネス革新コンサルティング株式会社 日本一の工場コスト削減コンサルタント/装置産業に…
徳山 正康 株式会社オールプレジデント 新規顧客開拓や新技術・製品PRを目的としたWeb…

ランチェスター戦略で解決できる課題

5件中 15件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
3 全体/その他 業績を上げたい
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 企画 社内で開発した技術から製品を企画したい





オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら