「ランチェスター戦略」とは

ランチェスター戦略とは、英国のランチェスターが1916年に発表した空中戦争における戦力と損害量の関係を、1970年代にマーケティング分野に応用した考え方です。 第一法則は局地戦であり、損害量は戦力に反比例しますが、小さな戦場では少ない経営資源を集中できる事から弱者の戦略になります。 一方第二法則は広域戦であり、損害量が戦力の二乗で効いて来るため、弱者にとっては極めて不利となり、強者の戦略です。 この大原則をいくつかのサブ原理に展開し、強者、弱者それぞれが取るべき定石を提示してくれます。