情報シリーズ II

構成

テキスト1冊/テスト1回  テスト形式:Web選択●「情報シリーズ II」コースには、「To-Beエンジニア検定公式テキスト 情報 II」が付きます。 ●本コースには、質問回答はついておりません。

分野

固有技術 > 情報技術

制作

価格

25,410円 (税抜 23,100円) 1点 在庫あり

商品説明

学習のねらい

すべての新人・若手エンジニアに必要な基礎知識をコンパクトにまとめました。基礎ができていないまま応用技術を身に付けることはできません。
まずは、しっかりと基礎固めをしたい方が、効率的に学習できるようにポイントをまとめています。また、本講座はTo-Beエンジニア検定にも対応していますので、
受験前の対策学習や受験後のフォロー学習にもご利用いただけます。

To-Beエンジニア検定対応eラーニング(3科目)セット+公式テキスト

学習期間:3か月

「希望開講月は、申込みの翌月開始が標準です。開講月1日からの学習開始をご希望の場合は希望開講月前月15日までにお申し込みください。過ぎた場合は教材の到着が開講月に入る場合がございます。」

それ以外の希望がある場合は申し込みフォームの通信欄に記入してください。

対象者・レベル

●コンピュータシステムに関して基礎から学びなおしたい方。
●コンピュータシステム開発にこれから関わる方。
●システム開発管理に関して基礎から学びなおしたい方。
●ネットワーク利用システムにこれから関わる方。
●ネットワークに関して基礎から学びなおしたい方。

到達目標

●コンピュータシステム構築の要点が理解できる。
●コンピュータシステム構成を考察することができる。
●システム開発管理の方法を考察することができる。
●ネットワークやマルチメディアの要点が理解できる。
●ネットワークの問題点を考察することができる。

学習環境

パソコンOSとブラウザ:
Windows10/8/8.1/7/IE10以上/Edge/Firefox/Chrome各最新版
MacOSX10.8以上/Safari/Firefox/Chrome各最新版
・解像度:1024×768 以上
・プラグイン:FlashPlayer10.2以上
-------
●モバイルOS:
iOS9以上Android4.4.4以上

特 長

●本講座は、テキストとeラーニングの両方で学習します。学習の場所や時間にあわせて使い分けることで両方のメリットを発揮させ、より学習しやすい環境となりました。

発刊にあたって

通信教育:学習環境を参照してください。

内容紹介

 

1. システム構成
■オペレーティングシステム(多くのシステムで搭載)
・OSの種類(Windows/Linux/ITRONなど)
・OSの構成(カーネル/ミドルウェアなど)
・記憶管理(ヒープ、仮想記憶など)
・タスク管理(状態遷移、スケジューラなど)
■リアルタイムシステム(組込み特有、ハードリアルタイム)
・イベント(イベントドリブン)
・システムコール(トラップなど)
・優先度(プリエンプションなど)
・割込みハンドラ(コンテキストなど)
■ソフトウェア部品(部品として選択可能)
・関数ライブラリ(開発効率向上)
・ミドルウェア(汎用機能の提供)
・カーネル(OSによる機能提供)
・デバイスドライバ(タスクと割込み)
■ファイルシステム(外部記憶の利用)
・ディレクトリ管理(ルートディレクトリ)
・ファイル管理(クラスタ、セクタなど)
・FAT(アロケーションテーブル)
・ファイル編成(シーケンシャルアクセスなど)

2. システム開発
開発管理(開発プロセス管理の基本)
・PERT(日程計画)
・従来型開発手法(ウォータフォールなど)
・反復型開発(アジャイル、XPなど)
・レビュー(デザインレビュー、ウォークスルーなど)
■開発ツール(開発の各工程で使用)
・言語処理ツール(アセンブラ/コンパイラ/リンカなど)
・IDE(統合開発環境)
・ICE(JTAG、インサーキットエミュレータ)
・デバッガ(ブレークポイントなど)
■開発工程(ソフトウェアの標準的開発工程)
・要件定義(分析/定義)
・設計(方式/詳細)
・製造(ソースコード)
・テスト(V字モデル、単体/結合)
■オブジェクト指向開発(新しい考え方)
・オブジェクト指向の考え方(カプセル化、継承、ポリモーフィズムなど)
・モデリング(表記法の統一)
・UML(構造図、振る舞い図)
・リファクタリング(内部構造の再構築)

3. ネットワークとマルチメディア
■ネットワークの基礎(基本概念、用語)
・OSIモデル(物理層〜アプリケーション層)
・LAN関連装置(ハブ/ルータ/スイッチ/無線LANなど)
・IP(IPアドレスなど)
・TCP(ポート番号など)
■インターネット(主なインターネット上アプリケーション)
・電子メール(SMTP/POP3など)
・Web(HTTP、URLなど)
・ファイル転送(FTPなど)
・ネット機器管理(SNMPなど)
■マルチメディア(高速ディジタルネットワークに支えられた大容量通信)
・音声(PCM、サンプリング)
・静止画(JPEGなど)
・動画(MPEGなど)
・圧縮(ZIP、LZHなど)
■セキュリティ(ネットワーク社会の大前提)
・暗号化(公開鍵/秘密鍵)
・認証(ディジタル署名)
・セキュリティ対策(ウィルス、脆弱性)
・コピーガード(視聴制限のしくみなど)

●To-Beエンジニア検定詳細については検定公式ホームページをご覧ください。http://www.tobe-exam.jp/