ホーム > 書評トップ


書評

131件中 14件目


カスタマーレビュー
4.2

「オープンサービスイノベーション」H.チェスブロウ著
投稿日 2017-02-08

本書は、オープンイノベーションの父として知られる著者が、
製品ではなくサービス分野でのオープンビジネスを解説したものです。

もともとサービス業は製造業と異なり
事業の付加価値生産過程がほぼ丸見えであるため
また規模の効果が活かしやすいために
他社との協業関係が気づきやすい側面があります。

本書ではフェデックスやらアマゾンやら豊富な事例が示されますが
もはやオープンであることに驚きはなく、
ビジネスモデルをどう組み立てるかの自在な工夫と実行こそが
頭痛の種であると気づかされ、
製造業もその流れの中に飲み込まれつつある印象を受けます。

自由奔放なサービス業を参考にしたい戦略策定担当者におススメです。

カスタマーレビュー
4.8

「ものづくり道」西堀榮三郎著
投稿日 2017-01-25

本書は、日本品質管理の元祖と言われる著者が、80歳を過ぎてそれまでに思考し、行動したことを集大成した書籍です。

日本初の南極越冬隊長であり、チョモランマ登山総隊長であり、原子力研究所理事であり、東芝の革新的真空管開発者というととんでもないスーパーマンをイメージしますが、実体は人間味あふれる真のリーダーであったことが分かります。

革新的な発想法から部下やチームの動かし方まで、すべての技術者に参考になる考え方であふれています。
特に「技術の目的は人類の福祉」という主張は私の持論とも重なり、技術者が肝に銘ずべきです。

政治家や法律家、経済人は、豊かさの分配で人類に貢献しますが、豊かさの総量を増やすことができるのは技術者なのです。

ものづくりの王道を極めたい技術者におススメの一冊です。

カスタマーレビュー
4.5

「科学技術計算のためのPython ~ 確率・統計・機械学習~」José Unpingco(原著)、石井一夫(翻訳)、加藤公一(翻訳)、小川史恵(翻訳)
投稿日 2017-01-16

 Pythonは、科学技術計算用ライブラリーが充実しており、人工知能、機械学習などにおいて最も頻用される汎用プログラミング言語です。本書籍はPythonの科学技術計算での活用方法について、そのライブラリーであるNumPy, ScyPy, SymPy, IPython, Matplotlib, Pandas, Scikit-learnを中心に解説したものです。
 
 すでに、他の書籍で統計学や、Pythonのプログラミングについて学んだ中上級者向けに、統計や機械学習のやや進んだ話題を取り上げています。例えば、統計では最尤推定法、ベイズ統計、モンテカルロ法など、機械学習で汎化、バイアスとバリアンス、過学習、正則化などの問題を取り上げています。
 
 他のテキストにはあまり説明のない先進的な内容が多く、機械学習の最前線を垣間見ることができる内容となっています。科学技術計算でPythonを使い倒したい人にはお薦めです。
「ものづくりに役立つ経営工学の事典」日本経営工学会編
投稿日 2016-12-20

本書は、1911年にF.テイラーが「科学的管理法」を提唱してから100年という節目で、経営工学を見直し整理しようという目的で日本経営工学会が企画して出版しました。

この学会がカバーする広いエリアを大きく10分類した後、さらに180の項目に細分し、それらをすべて見開き2ページで「解説」「歴史と課題」「活用と展開」「参考文献」という統一された形式で記述しているため、業務にあたって疑問が生じた時に、ざざっと大くくりで調べることができ、さらに詳しく知りたければ、示された参考文献を取り寄せることができます。

ものづくりドットコムのコンセプトとも通じるところがあり、経営工学を身近に感じてもらえるのではないでしょうか。
ちなみに「製品計画」と「製品設計」の項目は、熊坂が執筆を担当しています。

あらゆる製造業の図書室に常備する一冊としておススメです。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 |







月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。

オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)

MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス