専門家「林 日出夫」プロフィール

林 日出夫

25年間プラスチックの難燃材料の開発を行ってきた技術を基に、難燃剤の開発支援、並びに難燃関係のセミナー講師を承ります。

林 日出夫

専門家A はやし ひでお / 千葉県 / 林 難燃技術研究所

保有資格 博士(工学)、危険物取扱者甲種
対応エリア 全国

近年、火災による財産・人命が失われる等の被害が多く、社会的に大きな問題となっている。その中で、プラスチックは燃えやすく、火災の原因の一つである。この為、プラスチックの難燃化の要求が高まっており、様々なプラスチック材料の難燃化の開発が進められている。
私は、25年間プラスチックの難燃化の研究開発を行ってきた技術を基に、難燃剤の開発支援及び難燃関係のセミナーを通じて、社会に貢献したいと思います。特に、難燃材料の開発を進めていく上で、使用する難燃剤又は難燃剤の組合せの難燃性能が、難燃材料の難燃性に大きく寄与しますので、難燃剤の開発支援を主眼としております。また、難燃セミナーも活発に実施中です!

【直近のセミナー開催情報】
※難燃セミナーを11月15日にオンラインで実施致します。
「熱可塑性樹脂の難燃化技術と難燃剤の選定」
この難燃セミナーは、国内で購入可能なほぼ全てのノンハロ難燃剤を解説しています。
皆様が、1日で全ての難燃剤を学ぶことにより、新たなアイデアが生まれ、素晴らしい難燃剤の創出に繋がり、社会に貢献できると信じております。

対応分野

固有技術
高分子・樹脂・有機化学

経歴

1985年 千葉大学工学研究科修士課程合成化学専攻 修了(耐熱高分子合成)
1985年 出光興産㈱ 入社 (LCP重合開発)
1989年 東京工業大学 工学部有機材料工学科へ国内留学(耐熱高分子研究)
1992年 出光興産㈱ (PPS、PC重合開発)
1996年 東京工業大学 有機材料工学科 工学(論文)博士取得
1996年 出光ファインコンポジット㈱ (難燃材料の開発)
2021年 出光興産㈱ 定年退職、 林 難燃技術研究所 設立
2021年 NPOテクノサポート 入会 会員

業務実績

・耐熱性高分子の合成研究: 論文3件、学会発表2件
・耐熱性高分子の重合ブレンド研究: 論文7件、特許2件、学会発表3件
・LCP重合開発: 特許16件、著書1件
・PPS重合開発: 特許3件
・PC重合開発:  特許5件
 以上、耐熱性高分子の研究と重合開発は、1985~1996年の11年間の実績。
・ノンハロ難燃PP樹脂組成物の開発: 受賞1件、特許19件、論文4件、著書6件、学会発表26件、セミナー講師20件以上
 以上、ノンハロ難燃PP組成物の開発は1996~2021年の25年間の実績。
・定年退職後、難燃分野の技術コンサルタントを実施中。
  技術顧問: 大手難燃剤メーカー(難燃剤の開発支援)の実績。
  セミナー講師(難燃剤): 大手難燃剤メーカー、セミナー会社の実績。