専門家「杉山 典之」プロフィール

杉山 典之

電気系・機械系・経営工学系・管理系など相互に関連する分野を幅広く経験していますので、知識面・実践面でこれらの分野を網羅でき、整合の取れた課題解決の提案が可能です。

杉山 典之

専門家専門家B すぎやま のりゆき / 兵庫県 / *

保有資格 技術士・経営工学部門、電気主任技術者第3種、高圧ガス製造保安責任者・乙機、経営品質協議会セルフアセッサー、公認内部監査人
対応エリア 全国

対応分野

商品企画7つ道具
商品企画7つ道具 品質表(QFD)
生産マネジメント
生産マネジメント 5S IE トヨタ生産方式
人的資源マネジメント
人的資源マネジメント

経歴

(1) 1980年3月 関西大学大学院工学研究科電気工学専攻卒業
(2) 1980年4月~1998年1月
 住友電気工業株式会社入社後、電力関連技術部門で、電力会社・民間企業向け電力ケーブル・産業用電線類の研究開発・設計に従事。電気面・機械面での設計および各種センサを用いた異常感知機能の開発や外注先の管理を実施。
(3) 1998年1月~2002年1月
 同社、産業電線品質保証部門で産業用電線類の品質保証業務に従事。この間1ヶ月間製造子会社で製品不具合により多発するクレーム削減支援を実施。
(4) 2003年1月~2009年5月
 同社、自動車関連部門でワイヤーハーネスの品質保証業務に従事。この間顧客の要望する不良ゼロの製品ライン構築の指導を、また、8ヶ月間製造子会社で、現場監督者への新人作業者教育手法の指導を実施。
(5) 2015年10月
 同社、退職
(6) 2017年12月 英国バーミンガム大学大学院エンジニアリングマネジメント専攻卒業
(7) 2018年4月~
 同志社大学・環境保全実験実習支援センターで電気工学実験用計測器・装置・部品の維持管理および実験の準備業務に従事。
本業務の傍ら、韓日産業技術協力財団に日本の技術専門家として登録し、韓国の製造会社での改善活動に向けた提案を実施。

業務実績

(1) 製造子会社の製品不具合によるクレーム多発を削減(2000年11月~12月)
 暖房用電気器具の不具合要因分析で設計に起因するものが多いことを明確化し、QFDによる品質管理レビューで重点管理すべき部品や項目を抽出して恒久対策立案の指導を行った。
(2) 工程内不良ゼロを10日間連続させるライン構築(2004年8月~2005年3月)
 自動車用ワイヤーハーネス製造で、顧客要請のライン構築を全社活動として取り組むべく経営幹部の了解を得、トヨタ生産方式に基づいた、不具合発生時にラインを止めて管理者と作業者の意見交換ができる風土作り等の指導を行った。
(3) 製造子会社の不具合・クレーム削減と継続的改善活動推進体制の構築(2008年10月~2009年5月)
 自動車用電池の部品の不具合削減と現場監督者に工程の特徴に合った新人教育法の指導を行い、工場のメンバーが自主的に改善活動を継続的に推進する体制構築につなげた。
(4) 韓国の製造会社で工場作業改善活動の定着(2019年7月)
 段取り替え時間短縮や重労働の負荷軽減等につながるIE手法に基づいた体系的・継続的な作業改善の手法や実施するに当たっての注意点を提案した。