専門家「川上 隆史」プロフィール

川上 隆史

アナログ信号処理、電源回路、微小信号のS/N比・EMI等の回路構成、 部品実装など現状構成に係る課題・狙いを基に具体的改善等を提案 指導し実験・実測により効果検証します。

川上 隆史

専門家専門家B かわかみ たかし / 東京都 / 川上技術士事務所

保有資格 日本技術士会
対応エリア 全国

対応分野

技術マネジメント
技術マネジメント 知的財産マネジメント
品質工学(タグチメソッド)
機能性評価
デジタル工学
デジタル工学
安全工学
冗長設計
固有技術
電気・電子技術 情報技術

経歴

1964年同志社大学工学部電気工学科卒後日本電信電話公社(現NTT)
武蔵野電気通信研究所電子装置部に入社。研究員、研究専門調査役。
1984年NTTエレクトロニクス株式会社第1設計部技術部長。
1991年厚生省医薬品副作用振興基金援助による次世代型心臓ペース
メーカ会社(カージオペーシングリサーチ・ラボラトリ)第3研究部長。
1997年NTTエレクトロニクス。2003~2011年東京工科大学講師。

業務実績

フェライト磁心および半導体主記憶装置・回路・誤り訂正技術の実用化。
光通信レーザ波長多重装置・10Gb/s光伝送装置・光中継アンプ試作。
数mV生体信号検出・EMI向上設計・経皮充電技術・冗長設計による
高密度高信頼機器とテレメトリの開発試作、動物実験。
マイクロ波応用埋設物亀裂探査装置の開発。
関連技術に係る特許出願・取得特許累積80余件。