専門家「堂道 剛」プロフィール

堂道 剛

顔料、各種材料分散技術からナノ分散技術まで、基礎分野からその応用分野まで各種相談に対応します。特に、インクジェットインク技術に強みあり。

堂道 剛

専門家専門家A どどう たけし / 奈良県 / 堂道技術士事務所

保有資格 技術士(化学部門)、労働安全コンサルタント(化学安全)
対応エリア 全国

(1)技術開発と商品化の支援:化学メーカー(顔料、各種の材料分散と応用)の研究開発部門で探索研究から生産管理まで34年間を経験。各種の新技術、新商品開発の経験・知見あり。これらの経験を基に、目先の課題解決に加え、長期的かつ俯瞰的な視点から、相手先の事業方針に基づいて技術開発、商品開発の総合的な支援をいたします。 (2)技術経営への支援:他分野技術士との連携によるNPO関西技術経営コンサルタンツの理事をしており、化学以外の人脈あり。また、経産省のサポイン事業の評価員をつとめた経験があり、技術経営戦略、知財戦略における技術評価、開発テーマの選定、技術開発の方向性に対する評価・助言等可能。 (3)化学材料を利用した技術開発、商品開発の総合的な支援。生産管理と安全管理の支援。・顔料分散、電子材料、機能材料の分散技術・インクジェットインキ材料技術と生産技術・技術経営での技術評価、開発テーマの総合支援。・材料表面処理、粒子複合化技術と生産技術・労働安全コンサルタント資格での安全管理活動の支援

対応分野

人的資源マネジメント
技術・技能伝承
固有技術
化学技術

経歴

1979年 顔料メーカーに入社
  (1)各種赤色顔料の研究開発,生産技術検討(塗料,筆記具,各種インキ用)
  (2)各種顔料分散体の開発(トナー用,筆記具用,化粧品等)
  (3)顔料ナノ分散技術を応用した機能性材料を開発
     ナノ顔料粒子とフレーク顔料の複合化
     ナノ顔料粒子の表面処理などの技術において新規な製法技術
     生産技術を開発することにより、化粧品用途に新規な機能を有する紫外線遮蔽剤
     複合粒子を製品化。
  (4)各種インクジェットインクの開発
     特に顔料化ナノカプセルインキを開発,製品化
  (5)薄型 flat panel display用としてSED(surface-conduction electron isplay)方式ディスプレイを大手メーカーと共同開発。
     ブラックマトリックス,カラーフィルター,抵抗層等の部材開発に従事。
  (6)顔料ナノ分散技術を応用した機能性材料開発
     他社数社と自動車,LED照明関連材料について共同開発
2013年 同社退職
     技術士として活動中

業務実績

技術士として
2013年~ 近畿大学理工学部 非常勤講師
2014年~ 徳島大学理工学部 非常勤講師
2014年~ 大手・中小化学メーカーの技術顧問を歴任
      顔料分散技術から、カラーフィルタ用インキ、各種インキ、各種用途用
      インクジェットインク に対して新規開発、生産、事業戦略の技術指導、相談に対応。
2015年~ 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)ピアレピュア
      審査員(事業面、技術面から審査)

その他:雑誌への執筆、セミナーでの講演