日常医療・未病医療のための生体センシングとデバイス開発

キャビタス(窩腔)センサや生化学式ガスセンサ(バイオスニファ)と
その計測応用などを解説します


 高度医療や社会の高齢化に伴い、国内そして世界の医療機器市場は拡大を続け、
さらには携帯電話のデジタル機器やIoTの発展により、新しいパーソナル・ヘルスケアの機運が
高まっています。医療機器産業は自動車や家電と同様な総合産業であり、日本が培ってきた多様な
プロセス技術(半導体、有機、バイオ)が生かされる領域です。

 本セミナーでは、日常医療や未病医療を見据えながら、各種プロセス技術を駆使して開発した
新しい生体計測デバイスとして、非侵襲計測のためのキャビタス(窩腔)センサとウエアラブルセンサの
可能性、身体の代謝機能に着目した高感度なガスセンサと可視化システム(探嗅カメラ)への応用、
そして、生体と人工物の融和を目指し、生体適合性を備えながらも生体エネルギーによって
駆動可能な人工臓器システムなどを詳解します。
 さらに、最新の研究動向と将来の医療デバイスの展望についても、分かりやすく、かつ詳細に解説します。

 本セミナーで習得できること(一例)
  ・バイオセンサの基礎知識
  ・糖尿病とその計測
  ・コンタクトレンズ型センサ
  ・マウスガード型センサ
  ・生体臭と疾病&代謝異常
  ・生化学式ガスセンサ
  ・アセトンガスセンサ
  ・探嗅カメラと生体応用(呼気・皮膚ガス)
  ・アクチュエータ
  ・人工臓器

【講師】


三林 浩二 氏: 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授 大学院 医歯学総合研究科 教授兼担         


【プログラム】


  1. キャビタス(窩腔)センサ
   1)非侵襲計測から無意識計測へ
   2)生体適合性ポリマーと微細加工技術の融合
   3)ウェアラブル酸素センサと経皮ガス計測
   4)ソフトコンタクトレンズ型バイオセンサ
   5)非侵襲血糖値評価のための涙液グルコース計測
   6)無線機能付きマウスガード型センサ
   7)BAN(Body Area Network)のための人体通信センシング

  2. 生化学式ガスセンサ(バイオスニファ)とその計測応用
   1)薬物代謝機能に基づく高選択性ガスセンシング
   2)魚臭症候群に起因するトリメチルアミン用ガスセンサ
   3)口臭成分メチルメルカプタン用ガスセンサ
   4)バッチ計測用チップ型アルコールセンサ
   5)UV-LEDを用いた高感度ガスセンサ
    a)呼気中エタノールとアセトアルデヒドのモニタリング
    b)呼気アセトンとイソプロパノールの呼気計測
    c)住環境評価のためのホルムアルデヒド計測
    d)健康環境のための植物浄化
   6)匂いの可視化モニタリング(探嗅カメラ)
    a)呼気・皮膚ガスの可視化計測
    b)果実の香りの可視化と成熟度評価

  3. センサからトランスデューサ(人工臓器)へ
   1)有機エンジン:人工的能動輸送システム(化学 → 機械エネルギーへ)
   2)動き(速度や方向)でわかるバイオセンシング(直線運動)
   3)人工鞭毛モータ(回転運動)
   4)無脈流ケミカルポンプ
   5)ケミカルピンセット:2成分にて化学制御可能な人工筋肉
   6)人工すい臓:ケモメカによるグルコース濃度制御システム
   7)自立拍動型人工血管
   8)生体エネルギーハーベスティング 


【受講料】


・お1人受講の場合 43,000円[税別]/1名
・1口でお申込の場合 56,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)
 受講申込ページで2~3名を同時に申し込んだ場合、自動的に1口申し込みと致します。