人事が知っておくべき人事労務の基礎知識を網羅的に学ぶ!


少子高齢化、非正規雇用、長時間労働、メンタルヘルスなど
企業の人事労務を取り巻く環境は激変しており、人事パーソンに対する
期待と役割の重要性が高まっています!

セミナー講師

HRプラス社会保険労務士法人 特定社会保険労務士 佐藤 広一 氏
【講師紹介】
HRに安心、情報、ソリューションをプラスする」をコンセプトに、人事パーソンにコミットした人事労務相談、就業規則見直し、IPO支援、海外労務などの人事労務コンサルティングを展開している。特にIPO、M&Aのシーンでの人事労務デューデリジェンスに定評があるほか、シンガポールに現地法人を設立し、ASEAN諸国の現地と連携しながら日本企業の海外進出支援サービスも行っている。また、アイティメディア株式会社(東証一部2148) 監査等委員である取締役、株式会社ダブルエー(東証マザーズ7683)監査役を現任し、ボードメンバーとして企業内部からも人事労務コンプライアンスに携わっている。著書は『泣きたくないなら労働法』光文社、『図解でハッキリわかる労働時間・休日・休暇の実務』日本実業出版社、『管理職になるときこれだけは知っておきたい労務管理』アニモ出版など28冊あり、マスコミ・メディア取材、新聞・雑誌への寄稿も積極的に行う傍ら、SMBCコンサルティング、労務行政、日本能率協会など全国各地で年間60本の講演を行っている。

セミナー受講料

会員 35,200円(本体 32,000円)
一般 38,500円(本体 35,000円)
※会員価格適用については、企業研究会会員が対象となります。
(所属先の会員登録有無がわからない場合、
お申込みの際に備考欄へ「会員登録確認希望」とご記入ください。)
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

セミナー趣旨

少子高齢化、非正規雇用、長時間労働、メンタルヘルスなど企業の人事労務を取り巻く環境は激変しており、人事パーソンに対する期待と役割の重要性が高まっています。
「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」などの経営資源の中で、最も重要なのが「ヒト」であり、「ヒト」が価値を生み出すことで他の経営資源が回り出すということができます。
本講座では
①人事パーソンが知っておくべき人事労務の知識が身につく
②採用から退職までの各フェーズで行うべき業務を把握できる
③働き方改革、グローバル化など人事のこれからを展望できる、をゴールに据え、
人事パーソンが知っておくべき人事労務の基礎知識を網羅的に学ぶことができ、全体像を理解するのに最適です。

受講対象・レベル

・人事部門、総務部門を中心とした関連部門の方  
・労務関係について基礎から学びたい方

セミナープログラム

Ⅰ 労務管理
 1.労働基準法とは
 2.労働者の募集、採用、試用期間
 3.労働契約
 4.労働時間、休日、休暇に関するルール
 5.退職をめぐる問題
 6.懲戒をめぐる問題
Ⅱ 賃金
 1.給与、報酬、賃金の違い
 2.賃金支払い5原則
 3.割増賃金のルール
 4.定額残業手当スキーム
 5.基本給の決定と昇給の仕組み
 6.賞与
 7.退職金
 8.同一労働同一賃金
Ⅲ 社会保険・労働保険
 1.社会保険制度の体系
 2.社会保険・労働保険のスケジュール
 3.健康保険の概要
 4.介護保険の概要
 5.厚生年金保険の概要
 6.労働者災害補償保険の概要
 7.雇用保険の概要
Ⅳ これからの人事
 1.グローバル化と人事労務管理
 2.HRテックと人事労務管理
 3.M&Aと人事労務管理
 4.これからの人事労務管理