医療ビッグデータ・リアルワールドデータ(RWD)を活用した医薬品開発・マーケティング〜PCを用いたデータ分析・解析の演習セミナー〜

医療ビッグデータ・RWDの全体像やトレンドを体系的に整理!
「PC演習」では実データを用いた解析を行い、理解を深めます 
モデリングなど、データの利活用でお悩みの方にオススメです!

セミナー講師

東京大学大学院薬学系研究科 ITヘルスケア社会連携講座
特任准教授 博士(医学) 清水 央子 先生

経歴
 東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了、理学修士(統計学)を取得後、マッキンゼー、
米国大手会計士事務所にてコンサルティングに従事。帰国後、米系ITコンサルティング、
エドワーズライフサイエンス、アイ・エム・エス・ジャパンでマーケティングの責任者を歴任、
2007年グラクソ・スミスクラインに入社
 当時黎明期だった各種民間医療データベースを活用した治療や薬剤使用実態の分析、
疫学研究および医薬品市場の分析チームをリードし、同社におけるRWDを活用した医薬品の開発、
販売活動を推進
 東京医科歯科大学大学院にてMMA(医療政策学修士)取得(2006)、医療情報データベースの
比較研究にて博士(医学)号取得(2014)後、2015年5月より東京大学大学院薬学系研究科ファー
マコビジネス・イノベーション教室にて医療ビッグデータの利活用についての研究に携わり現在に至る

専門および得意な分野・研究
・医療ビッグデータ、リアルワールドデータの利活用
・医療オープンデータの評価、解析
・医薬品市場の分析

本テーマ関連学協会での活動
・日本薬剤疫学会

セミナー受講料

1名43,000円 + 税、(資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき33,000円 + 税
 ※消費税につきまては講習会開催日当時の税率にて課税致します。
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

 医療の世界で「ビッグデータ」、「リアルワールドデータ」や「統計学」などの言葉が
一般に話題に上るようになって久しいが、日本でも国民皆保険制度の下レセプト情報を中心に
その利活用が進んでいる。その一方、カルテなど診療記録は、数十施設単位で集積された
データベースが散在している状況である。
 個々のデータベースは有益な情報を与えてくれるが、それぞれに情報の粒度やカバレッジは
限定的である。したがって各種のリサーチクエスチョンに対して回答を導き出すためには、
さまざまな情報と統合するモデリングやデータサイエンスが鍵となる。
 本講座では、RWDの概要、特徴などについての知識を取得されている方、実務の中で
医療データの解析に携わっている方、解析結果に基づいた活動をされている方々を
対象にしております。実データを用いた解析を体感していただきながら、各データに関する
理解を深めていくと同時に、リアルワールドデータの活用法、モデリングなどについて
吸収いただくことを目指しています。

習得できる知識

・日本の医療ビッグデータやリアルワールドデータRWDの全体像やトレンド
・それぞれの医療情報データベースの特徴や活用事例
・複数のデータベースを統合した解析例と注意点
・自身のもつリサーチクエスチョンの回答を見つけるための道筋
・医療ビッグデータの利活用にあたっての課題や必要なリソース、データサイエンス技術
・AIがもたらす医療イノベーションの可能性

セミナープログラム

<演習用PCに関するご注意>
各自にてPCをご持参下さい。
 ※事前にインストールが必要なソフト等はございません。
ご持参が難しい場合は、お申込み時に備考欄に『PC貸出』と記入してください。
7,000円 + 税 にて貸出いたします。
 ※PCの貸出は原則として1週間前までにお申し出ください。
 ※PC貸出には、学校法人割引は適用されません。

1. 日本の医療ビッグデータとリアルワールドデータRWD
  ・ 医療ビッグデータ、 RWD (リアルワールドデータ)
  ・ 医薬品に関する情報データベース
  ・ ナショナルデータベースNDBと政府統計(オープンデータ)
  ・ 医療ビッグデータの集積状況と課題

2. リアルワールドデータRWDを活用した医薬品マネジメント
  ・ 医薬品市場のモデル化とマーケティング
  ・ 医薬品開発、PMS、PCV(RMP)での活用

3. 実データを使っての演習
4. 医療リアルワールドデータRWDの利活用に向けて
  ・ 医療リアルワールドデータRWDの進化と課題
  ・ 解析に必要なリソースと体制づくり
  ・ 複数のデータベースからの情報の統合と解析プラットフォーム

<質疑応答>