米国・欧州における食品包装規制及びマイクロプラスチックの最新動向

欧州、米国の食品包装規制の最新動向を丁寧に解説致します!
日本も含めた各国のレギュレーションや試験方法の違いとは?
マイクロプラスチックス問題の海外最新動向も紹介

セミナー講師

ユーロフィンフードアンドプロダクトテスティング株式会社
食品ユニット セールスマネージャ  吉竹 政子 先生
略歴
大学卒業後、総合化学メーカの研究開発部門にて高分子合成・用途開発、有機合成(医農薬中間体)に携わったのち、分析装置メーカを経てユーロフィンフードアンドプロダクトテスティング株式会社に入社。現在に至る。
■専門・得意分野
高分子全般
分析化学
残留農薬その他食品分析

セミナー受講料

『食品包装規制(欧米)(1月24日)』のみのお申込みの場合
  1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

『食品包装規制(日中印)(1月23日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
※セミナー内容は上記リンクからご確認ください。
※また、セットでお申し込みの場合、備考欄に「1月23日セミナーとセット申し込み」とご記入ください。
  1名72,600円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき61,600円
   ⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります
      *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

 日本では、2018年6月に食品衛生法が改正され、2020年の6月に施行される。日本の法規制を進めるうえで、先にこれらの法律が施行されている欧州や米国の動向がどうなっているのかを無視することはできない。また、同じ食品接触材料であっても欧州と米国ではとらえ方が異なる点も見逃せない。よって、日本から輸出する方も、日本へ輸入する方も両国のレギュレーションを知っておくことは重要である。
 今回は、欧州と米国のレギュレーションの違いを中心に日本との違いを交えながら解説する。また、プラスチックという分野で別の問題が発生しているマイクロプラスチックスに関しての海外の最新動向も併せて紹介する。

習得できる知識

・欧州:フレームワークレギュレーション及びプラスチックレギュレーション
・米国:連邦食品医薬品化粧品法及び邦規則
・日本と欧州及び米国との制度の比較
・上記以外のポジティブリスト制度採用国
・マイクロプラスチックスの諸外国の最新動向

セミナープログラム

1.欧州の容器包装
 1.1 概要
 1.2 EUレギュレーション(EC No.1935/2004, EC No.10/2011)
 1.3 EUの試験方法

2.米国の容器包装
 2.1 概要
 2.2 USのレギュレーション(FDA 21CFR)
 2.3 USの試験方法

3.日本と欧州、米国の比較
 3.1 概要
 3.2 日本のレギュレーション
 3.3 日本の試験方法
 3.4 日本と欧州、米国の比較

4.他のポジティブリスト制度採用国の紹介

5.マイクロプラスチック
 5.1 概要
 5.2 最新動向
 5.3 試験方法