新QC七つ道具セミナー

【11月・東京開催】

管理者・スタッフの質的向上のために!
ことばの見える化に有効な「新QC 七つ道具(N7)」!


 問題を解決するにあたって、ものづくりの現場はもちろん、企画や管理、営業部門において、情報の多くは言葉で表現される “言語データ” が扱われます。言語データから有益な情報を抽出し、新しい発想を生み出してくれるツールが「新QC 七つ道具(N7)」です。
 当セミナーでは、N7の有効な実施手順と活用ポイントを講義と演習で進めていき、さらに、企業での活用事例を紹介します。


日時


2019年11月27日(水) 9:20~18:00
2019年11月28日(木) 9:30~17:30
2019年11月29日(金) 9:30~17:00 【3日間コース】

同じ内容で開催日・開催地が異なるセミナーがあります。
(このページのいちばん下でご案内しています)


講師


運営委員を中心とする多数の経験豊富な講師が指導にあたります。


参加費


63,000 円(一般)/ 54,000 円(会員)*税抜き


 参加者の所属企業が日科技連賛助会員の場合は、その旨を申し込みフォームの備考欄に記入してください。不明の場合は「会員不明、調査希望」と記入していただければ、当方で調査します。
 またこれを機会に入会を検討したい場合は、「入会検討のため資料希望」と記入してください。案内資料を送付し、セミナー正式受け付け以前にご入会いただくと、会員価格でご参加いただけます。


特徴


● 従来は勘や経験で整理し、扱いにくかった言語データから、有用な情報を取り出し、新しい発想へと導くポイントを学べます。
● 管理者・スタッフの方が実務で直面される問題や課題(人材育成・企画力・顧客ニーズ把握等)をテーマとした演習を体験していただく、“参加型” カリキュラムです。
● グループ演習では、研修仲間から得られた知を図形化(言語図形)することで、既成概念や思い込み等を打破し、発想と気づきを得ることを学びます。
● 各手法の講義だけでなく、手法毎にその活用方法の理解が深まるように、ミニ演習(個人演習)を取り入れています。


対象


・ 言語データを中心に問題解決したい方
・ QC サークルなどの改善グループのリーダーとしてより一層のスキルアップをはかりたい方
・ 言語データを活用して問題解決をはかりたい管理者・スタッフ


カリキュラム


3日間コース

第1日 9:20~18:00
■午前
新QC七つ道具概論
新QC七つ道具と言語データ
親和図法(講義)

■午後
親和図法(演習)
連関図法(講義、演習)



第2日 9:30~17:30
■午前
系統図法(講義、演習)

■午後
マトリックス図法(講義、演習)
アロー・ダイヤグラム法(講義、演習)



第3日 9:30~17:00
■午前
PDPC法(講義、演習)

■午後
マトリックスデータ解析法(講義)
問題解決N7事例
問題解決への活用と総合質疑


【同じ内容のセミナー(2019年度)】


第1回 2019年6月12日(水)~14日(金)   開催地:大阪
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/5080
第2回 2019年7月3日(水)~5日(金)   開催地:東京
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/5081
第3回 2019年11月27日(水)~29日(金) 開催地:東京【このページのセミナー】

(既に受付を締め切った回もあります。ご了承ください)