基材への塗布層の設計、コーティング技術と乾燥、欠陥・故障対策および機能性付与

~均一で欠陥の無い塗布・コーティングを実現するための
 基材、塗布液、塗布層の形成、塗布乾燥工程からのアプローチ~

■基材、コーティング液の素材
■各種コーティング方法と乾燥過程
■コーティング層の欠陥とその防止法、機能化の例

均一なコーティング膜形成を実現するために塗布される基材の表面処理・最適化、塗布層とその素材、水系塗布・溶剤系塗布、厚みムラ、はじき・へこみ、白化、割れ、異物、気泡、、、塗布乾燥工程で発生する故障対策
コーティング層の機能化の実際

セミナー趣旨

 近年、コーティングにより、色々な機能を付与することが行われている。しかし、そのためには均一で欠陥のないコーティング層を形成することが前提になる。このセミナーでは均一なコーティング層を得るために必要な塗素材、塗布乾燥工程について説明する。更にコーティング層の欠陥とその対策手段についても説明したい。さらに機能化の例についても紹介する予定である。

受講対象・レベル

・コーティングの初心者でコーティングを学びたい方
・実務でコーティングの知識が必要になった方 等

習得できる知識

基材、コーティング液の素材、コーティング方法、コーティング層の欠陥とその防止法、機能化の例

セミナープログラム

1.基材
 1.1 基材
  (1)有機基材
  (2)無機基材
  (3)基材表面の形状
 1.2 基材の表面処理
  (1)コロナ処理
  (2)シランカップリング剤処理
  (3)基材の下塗り
  (4)研磨

2.塗布層とその素材
 2.1 塗布層の素材
  (1)塗布層の構成素材
  (2)バインダー
  (3)架橋剤
  (4)界面活性剤
  (5)マット剤
  (6)フィラー
  (7)ポリマー
  (8)滑り剤
  (9)可塑剤
  (10)消泡剤
  (11)増粘剤
  (12)溶剤
 2.2 塗布液の物性

3.塗布方法
 3.1 塗布層の形成方法
 3.2 水系塗布と溶剤系塗布
 3.3 塗布法の例
  (1)スロットダイコーター
  (2)バーコーター
  (3)グラビアコーター
  (4)スライドホッパーコーター
  (5)スピンコーター

4.乾燥過程
 4.1 乾燥過程
 4.2 恒率乾燥
 4.3 減率乾燥

5.塗布乾燥工程で発生する故障
 5.1 厚みムラ
 5.2 スジ故障
 5.3 エア同伴
 5.4 はじきとへこみ
 5.5 割れ
 5.6 異物
 5.7 泡故障
 5.8 ゆず肌
 5.9 白化

6.コーティング層の機能化の例
 6.1 導電性
 6.2 熱伝導性
 6.3 低熱膨張性
 6.4 高屈折率化
 6.5 バリア性
 6.6 すべり性と耐傷性
 6.7 耐接着
 6.8 表面抵抗率低減とゴミ付き
 6.9 高耐久性
 6.10 機能性付与の弊害

7.まとめ

  □質疑応答□


キーワード:基材、コーティング液の素材、コーディング方法、乾燥過程、欠陥とその対策、コーティング層の機能化

セミナー講師

畠山技術士事務所 所長 技術士(応用理学部門) 畠山 晶 氏
元 富士フイルム(株)
【略歴】
1980年~2013年まで富士フイルムの研究所に勤務し写真フィルム、光学フィルム、
太陽電池用バックシートなどの商品化研究と高分子の要素研究に従事。
専門分野はこれらに加えて次の分野。
・塗布膜の設計技術
・接着付与技術
・ポリマー(特に水系ラテックス)の使いこなし技術
【専門】
高分子物性(塗布膜物性)

セミナー受講料

※お申込みと同時にS&T会員登録をさせていただきます(E-mail案内登録とは異なります)。

49,500円( E-mail案内登録価格46,970円 )
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 49,500円 (2名ともE-mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともE-mail案内登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※請求書(PDFデータ)は、代表者にE-mailで送信いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:39,600円 ( E-Mail案内登録価格 37,620円 )
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※他の割引は併用できません。

受講について

Zoom配信の受講方法・接続確認

  • 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信となります。PCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。
  • 事前に「Zoom」のインストール(または、ブラウザから参加)可能か、接続可能か等をご確認ください。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー中、講師へのご質問が可能です。
  • 以下のテストミーティングより接続とマイク/スピーカーの出力・入力を事前にご確認いただいたうえで、お申込みください。
    ≫ テストミーティングはこちら

配布資料

  • PDFテキスト(印刷可・編集不可)

関連記事

もっと見る