「ケミカルリサイクル」「メカニカルリサイクル」「バイオマスプラスチック」 その開発と事業化状況について

プラスチックのサステナビリティを実現する

セミナー趣旨

世界は、海洋プラスチック問題、循環経済移行の要請、カーボンニュートラルの要請などプラスチックのサステイナビリティが脅かされる危機に直面している。この問題を解決する方法とし、石油(ナフサ)に依存しない、
①(勃興する)ケミカルリサイクル技術
②(従来技術の)メカニカルリサイクル技術(欧州の優れたPE・PPのMR技術)
③バイオマスプラスチックの新たな潮流
④CO2の資源化
が注目される。これら4つの技術の比較評価を通して、将来の本命技術とすみわけを占う。

セミナープログラム

1. プラスチックのサステイナビリティを脅かす問題
 (1)海洋プラスチック問題
  ① マイクロプラスチック生成と行方
  ② マクロ&マイクロプラスチックの発生源と輸送ルート
  (2)プラスチック循環経済への移行加速の要請
   ①欧州のリサイクル規制と②国連(UNEA5)決議
  (3)カーボンニュートラルへの要請

2. プラスチックのケミカルリサイクル
  (1)各種ケミカルリサイクル法の比較(強みと弱み)
  (2)世界的に勃興する混合廃プラ(PE/PP/PS)の熱分解によるナフサ製造
   :世界大手化学メーカーの開発状況、プロセス、課題
  (3)PS、PMMAの熱分解によるモノマー製造:同上
  (4)PET、PC、PA6、PUなどの化学分解によるモノマー製造:同上
  (5)ガス化法、鉄鋼関係のリサイクルプロセス:同上

3. プラスチックのメカニカルリサイクル(MR)
  (1)リサイクルのお手本となるPETのMR
  (2)欧州が断然優れるPE・PPのMRと日本の課題

4. バイオマスプラスチック
  (1)バイオエタノールを原料とするバイオPE、バイオPETなどの製造
  (2)バイオナフサ、バイオディーゼルを原料とするバイオPE、バイオPP、バイオPVC、バイオPCなどの新規製造法
  (新潮流)
  (3)合成ガスの発酵によるエタノールを原料とするバイオPE

5. CO2の水素還元や電解還元による資源化(合成ガス、メタノール他)

6. 世界の大手化学企業のリサイクル、バイオマスプラスチック、CO2の資源化の開発・事業化の状況等

7. 関連質疑応答

8. 名刺・情報交換会
■講師及び参加者間での名刺・情報交換会を実施しますので人脈づくりや新たなビジネス展開にお役立てください。
■ライブ配信受講の方も、会場の名刺・情報交換会終了後に講師と個別対話できる時間を設けております。

セミナー講師

株式会社 旭リサーチセンター
シニアリサーチャー
府川 伊三郎 氏

<略歴>
1969年 東京大学理学部化学科修士課程修了、 博士(工学)
1969年 旭化成入社
    ・合成ゴム、合成樹脂、モノマー、機能性ポリマーの研究開発
    ・取締役・中央技術研究所長、MMA事業部長、富士支社長
2010年 福井工業大学工学部経営情報学科教授
2013年 (株)旭リサーチセンター シニアリサーチャー(現在に至る)

「CO2を原料とする非ホスゲン法ポリカーボネートの開発と事業化」で、GSC賞・通産大臣賞、日本化学会化学技術賞、
大河内記念賞、米国化学会ヒーローオブケミストリー賞を受賞

セミナー受講料

1名:33,550円(税込)2名以降:28,550円 (社内・関連会社で同時お申し込みの場合)

受講について

会場またはライブ配信受講

  1. ライブ配信受講の方は、お申し込み時にご登録いただいたメールアドレスへ、Zoomでの視聴用URLと
    ID・パスワードを開催前日までにお送りいたします。
    ※会場またはライブ配信受講後、3営業日後から4週間何度でも、アーカイブもご視聴いただけます。
    ※メールの受信が確認できない場合、「迷惑メール」「ゴミ箱」等に振り分けられていることがございますのでご確認いただけますようお願い申し上げます。

アーカイブ配信受講

  1. セミナー終了3営業日後から4週間何度でも、アーカイブをご視聴いただけます。
  2. 収録動画配信のご用意ができ次第、視聴URLと配付可能な講演資料をお送りいたします。
  3. 質疑応答は原則として収録録画からカットされますが、ご視聴後のご質問など、講師とのお取次ぎをさせていただきます。
    ※視聴URLは、お申し込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。

関連記事

もっと見る
  • 2分でわかるイオン交換樹脂の基礎

      地下水のようなイオンを含んだ水を陰イオン交換樹脂と陽イオン交換樹脂に通すと、水の中の両イオンは、イオン交換樹脂によって除去され、イオン...
  • 押出成形とは

      今回は、断面が一定の形をしたプラスチック成型品を連続的に成形する押出成形の概要を解説します。   1.押出成形とは &...