デジタル化、建設DX推進の実際、課題と今後の展開
~BIMの導入期と活用期 BIMとDXの活動と未来 デジタルコンストラクション~

セミナー趣旨

当社では2018年全社BIM化を建設デジタル化の重要な基盤として推進・展開をしてきました。デジタル基盤を構築しながらデジタルコンストラクションの展開を2019年から実施し現場の省人化など様々なデジタル化及び建設デジタルトランスフォーメーションを実施しています。推進や展開に必要な事項や課題・事例を含めて現状・これからの取り組みを詳説します。

セミナープログラム

1.なぜ 建設業はデジタル化に取り組むのか

2.大和ハウス工業のデジタル戦略 
  ・デジタルメビウスループ

3.BIM戦略
  ・BIMの特徴と連携事例および課題

4.デジタルコンストラクションPJ戦略
  ・デジタルコンストラクションPJの概要と事例

5.建設DXのあるべき姿

6. 関連質疑応答

7. 名刺・情報交換会
■講師及び参加者間での名刺・情報交換会を実施しますので人脈づくりや新たなビジネス展開にお役立てください。
■ライブ配信受講の方も、会場の名刺・情報交換会終了後に講師と個別対話できる時間を設けております。

セミナー講師

大和ハウス工業株式会社
東京本社 技術統括本部 建設DX推進部
次長
宮内 尊彰 氏

<略歴>
1998年 工学院大学建築学科(構造系)卒業
1998年     大和ハウス工業㈱入社
2000年~2016年 同上 建築系構造設計
2017年      同上 BIM推進室 課長
2018年      同上 BIM推進部 課長
2020年      同上 建設デジタル推進部 次長
2022年      同上 建設DX推進部 次長

セミナー受講料

1名:33,400円(税込)2名以降:28,400円 (社内・関連会社で同時お申し込みの場合)

受講について

会場またはライブ配信受講

  1. ライブ配信受講の方は、お申し込み時にご登録いただいたメールアドレスへ、Zoomでの視聴用URLと
    ID・パスワードを開催前日までにお送りいたします。
    ※会場またはライブ配信受講後、3営業日後から4週間何度でも、アーカイブもご視聴いただけます。
    ※メールの受信が確認できない場合、「迷惑メール」「ゴミ箱」等に振り分けられていることがございますのでご確認いただけますようお願い申し上げます。

アーカイブ配信受講

  1. セミナー終了3営業日後から4週間何度でも、アーカイブをご視聴いただけます。
  2. 収録動画配信のご用意ができ次第、視聴URLと配付可能な講演資料をお送りいたします。
  3. 質疑応答は原則として収録録画からカットされますが、ご視聴後のご質問など、講師とのお取次ぎをさせていただきます。
    ※視聴URLは、お申し込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。

関連記事

もっと見る