※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.544

ISO9001:2015の改訂

全体/その他品質マネジメント |投稿日時:
ISOは、従来、5~7年程度の間隔で規格改訂されて来ましたが、そろそろ2015年版も6年が経とうとしています。事務局として、今後の業務計画を考える際、次の改訂がいつ頃から着手されて、傾向として概ねいつ頃に発行されるかという情報を費用をかけずに得たい場合は、(例:HPのどこを見ればいい等)どうすればよいでしょうか?

spacer
ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

熊田技術士事務所 熊田成人と申します。

4/1にご質問されてから何方も回答されていない様ですので、熊田の承知しているHPをご紹介します。

1. 日本企画協会(JSA) 「ISO9000ファミリー規格開発情報」
https://webdesk.jsa.or.jp/common/W10K0500/index/dev/iso_iso9000

2. IRCAジャパン 「ISO9001ユーザー調査2020」
https://japan.irca.org/media/category02/9001-survey-2020

より適切、詳細な情報をお持ちの専門家の補足を期待して・・。

熊田




ANSWER
回答No2 | 投稿日時:

2015年版が発行されてから、6年が経ちました。その内の3年は移行期間であり、まだ定着の入り口であると思います。例えば、コロナウィルスが発生しリモート活動など社会システムは、大きく変化していると思います。
ISO品質マネジメントシステムは、「以降10年の変化の進展を考慮している」と、そのように話されていたと思います。
2000年に大幅な改革を行って制定され、2008年に小改訂されています。その時の改訂経過を思い出すと、2000年版は私にとって初めてであり、大混乱は分かりません。しかし、2008年版の小改訂は、1年の改訂で行われ、文言の読み替え程度で対応できました。
2015年の改訂時は、2年前にDS(改訂案)が公開され、前年にはFIS(最終案)が出され、その後に改訂が行われました。(経過は記憶であり、正確ではありません。)
更に、改定後には3年の移行期間が設けられていました。

確かに、ISOは定期的に改訂が決められています。しかし、品質マネジメントシステムは10年の運用が計画されていました。2000年は小変更を含めて考えると15年使用されています。
2021年の今は、まだ、そのISOシステムは改定期でないとおもいます。その大改訂であれば、DSの案が公開され、意見を求めて、修正案が出て、などと時間は必要です。
与えられたISO規格の改訂を求めるより、会社のマネジメントの運用、改訂、修正、継続的な改善を的確に行うことが大事だと思います。
ISOはまだまだ改訂は無いと思います。積極的な改訂の情報入手は、「日本規格協会」のISO/TCの委員会の動きなどがあるのでしょうが、ISO9001を運用する組織であればISO審査に関わる人からの情報があると思います。
次の改定は大幅であれば2~3年前から噂が聞こえだし、前年に改訂の声が聞こえ、発行後に確認してから改訂すれが良いとおもいます。
関係者から伝えられたからでも、遅くはないと思います。