※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.465

外出禁止発令時の製造業

生産  | 投稿日時:
社員数180人の電子製品EMS会社で、製造部長を担当しております。
新型ウィルスの影響で、一部部品の納期が不安定ではありますが、今の所当事業所は何とか生産を止めずに稼働できている状況です。
しかし県内感染者が20名を超えたことで、知事から大規模イベント開催や週末外出の自粛が要請されており、ここ1週間の動きを見るといつ何時外出禁止の指示が発令されても不思議ではありません。
その場合はもちろん生産停止となりますが、その前に用意しておくこと、即日停止となった場合の注意点、そして来たるべき生産開始時に備えて、在宅で可能な活動についてアドバイスをよろしくお願いいたします。

[これは事務局が考えた架空の、しかし極めて起こりうる重要な質問です]


ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

新型コロナウィルスへの企業のリスク対応に関するご質問ですね。
外出禁止指示発令の可能性が大のようですが、それまでの間に従業員の新型コロナウィルスへの感染の可能性も否定できません。そうなった場合は、全ての従業員へ14日間の自宅待機を求める必要もあるでしょう。経済活動は一旦ストップしてもいずれは戻りますが、命は戻ることはありません。いまは命を優先して考えるべきです。このような視点から考慮するべきことは以下の点ではないでしょうか。

1 すぐにおこなう事項

1.1 従業員の視点
1.1.1 緊急連絡先網の確認(不在時の代替連絡先も併記)
1.1.2 体調不良者への自宅静養指示の体制作り
1.1.3 55歳以上の方への対応方法の確立
1.1.4 妊娠している方への対応方法の確立

1.2 職場の視点
1.2.1 各職場単位での在宅可能業務リストアップ
1.2.2 上記リモート勤務時のホウレンソウ(報告・連絡・相談)網
のルールづくり
1.2.3 社内データ取扱等のルール作り

2 即日停止となった場合の留意点

2.1 原材料・調達品等の在庫数量把握
2.2 上記在庫数量から鑑みた製造可能数量を把握
2.3 国内や海外仕入先または得意先への工場停止に伴う入出荷一時ストップの連絡

3 工場一時ストップ時での在宅活動

3.1 上記1.2.1でリストアップした業務を遂行
3.2 必要に応じて SkypeやZoom等でのTV会議によるアップデート
3.3 (企業トップの)国・地域へ資金援助・支援の相談

ご参考になりましたら幸いです。