※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.365

バイオマス熱分解後のタール除去技術について

設計・開発 環境マネジメント | 投稿日時:
木質等の原料を熱分解すると、ガス化したガス中にタールが含まれる
と考えております。

最近では、海外のガス化発電設備が多く紹介されているように思われますが、
いずれも連続運転が可能なものとされているようです。

しかしながら、熱分解後のガスは、発電機に供給する際に、冷却が不可欠と思いますが、その際にガス中のタールが凝縮してしまい、装置内で閉塞等のトラブルが起こるように思います。

従いまして、連続運転を維持するには、タール除去が不可欠だと考えますが、現実にこのタールを完全に除去し、発電機に供給することは可能でしょうか。

或いは、タールを発生させずにガス化することはできるものでしょうか。

ご教示頂けますと助かります。

よろしくお願い致します。


ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

http://www.jser.gr.jp/journal/journal_pdf/2010/journal201003_3.pdf#search=%27%E6%9C%A8%E8%B3%AA%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB%27
↑この中に、知見はないでしょうか?

https://shingi.jst.go.jp/past_abst/abst/2006/bunya/pdf/072804.pdf#search=%27%E6%9C%A8%E8%B3%AA%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB%27
↑タール除去技術です。