※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.339

産業用ロボットメンテナンスの適正時期

生産 信頼性工学 | 投稿日時:
私は産業用車両備品の製造業に勤める30代の男性で部長職を務め工場全体の管理をしています。
私が今回ご質問させて頂く事になったのは、生産が追い付かないので多数の設備を保有しているのですが、その中でも産業用ロボットについて購入して4年になりますが、1回もメンテナンスが出来ていない状態にあり、メーカーからは早くメンテンス点検を受けるように言われていますので今回ここにご相談させて頂く事になりました。
私の質問としては、社内では毎日日常点検で点検を行い、異常個所は都度修理や様子見を行っているのですが、実際に全体を通しての産業用ロボットメンテナンス時期はどの位の周期で行う必要があるのですか?


ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

工場ですぐ使える品質改善技法の開発と普及活動を行っている高崎ものづくり技術研究所の濱田と申します。

一般の機械では長期間使用することにより、部品の摩耗、劣化、それが進むと故障の原因となります。このような故障を未然に防止し、長期間稼働させるには、日常点検に加え、定期的な保守点検、消耗品の交換が必要となります。摩耗、劣化が著しい場合は、オーバーホールも必要です。産業用ロボットにおいても基本は同じと考えられます。

ロボットメーカーの技術部門とよく打ち合わせし、上記の内容について点検項目や周期を明確にしたうえで稼働させることが重要と考えられます。本来は、ロボット設置前に、明確にしておくべき事項と思います。
また保証期間、消耗部品の種類、メーカーの保守体制についても、設備導入時に明確にしておくべき項目です。

保守点検には、日常行う点検と一定の期間ごとに行う定期点検が区別され必ず実施しなければならない事項であることを認識して頂きたいと思います。