ホーム > 技法解説 > デジタル工学 > コンビナトリアル

コンビナトリアル とは

コンビナトリアルとは、もともと製薬開発で用いられていた手法で、2元系、3元系の原料をあらゆる組成で混合し、評価した後で、その特性、効果の優れたものに関して組成を同定するものです。物理実験に応用し、2元系の合金を縦横に組成勾配をつけてスパッタリングなどで成膜し、全面の特性を測定する事で、最適配合を短時間に判定することが可能となります。


コンビナトリアルの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

コンビナトリアルの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


コンビナトリアルの専門家

氏名 会社名
熊坂 治 株式会社産業革新研究所 ものづくり革新技法のナレッジを広く共有、活用する…

コンビナトリアルで解決できる課題

9件中 19件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 設計条件の最適化を効率化したい
3 設計・開発 開発期間を短縮したい
3 設計・開発 多元材料で最適比率を求めたい
1 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 設計・開発 信頼性評価の時間、費用を低減したい
1 設計・開発 開発日程の停滞、後戻りを防止したい
1 設計・開発 過去の情報を有効に活用したい
1 設計・開発 効果的な特許を創出したい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら