ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > AHP

AHP とは

AHPとは、Analytic Hierarchy Process(階層化意思決定法)の略であり、複数項目の序列を決定するにあたって、比較的容易なふたつずつの比較を重ねることで実現する方法です。 この時に、単に「良い、悪い」の2値比較ではなく、「若干、かなり、絶対的に」などのウェイトを加える事で、感性的ではありながら、細かな定量比較が可能となります。


AHPの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

AHPの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


AHPの専門家

氏名 会社名
西本 明弘 プロセス設計塾 設計プロセス設計コンサルタント。複雑な業務プロセ…

AHPで解決できる課題

8件中 18件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 複数の案から最適なものを選択したい
3 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 設計・開発 過去の情報を有効に活用したい
1 設計・開発 ソフトウェア開発を効率化したい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら