「CASEツール」とは

CASE(Computer Aided Software Engineering)とは、ソフトウェアの開発や保守にソフトウェアを利用すること、もしくはそのためのツールのことです。 CASEツールを使ったソフトウェア開発では、設計の過程などをグラフィカルに表示して作業を進めやすくしたり、コードの一部を自動生成したりします。 また検証プロセスではテストデータを自動作成する機能を持っていることもあり、ソフトウェア開発の生産性向上に役立っています。