ホーム > 技法解説 > デジタル工学 > CASEツール

CASEツール とは

CASE(Computer Aided Software Engineering)とは、ソフトウェアの開発や保守にソフトウェアを利用すること、もしくはそのためのツールのことです。 CASEツールを使ったソフトウェア開発では、設計の過程などをグラフィカルに表示して作業を進めやすくしたり、コードの一部を自動生成したりします。 また検証プロセスではテストデータを自動作成する機能を持っていることもあり、ソフトウェア開発の生産性向上に役立っています。


CASEツールの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

CASEツールの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。








オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら