「DEA (Data Envelopment Analysis)」とは

DEAとは、Data Envelopment Analysis(日本語では包絡分析法)の略語で、多入力多出力システムの相対的な効率を評価する手法として1978年にCharnes、CooperとRhodes3名の連名論文で提案されました。 DEAでは、すべての評価対象に対して、評価対象ごとに効率が最大になるように異なる評価基準を用いるのが特徴であり、簡便で広く適用できる利点があります。 財務会計を使った方法では評価が難しい学校の教育プログラムや、非営利公企業(図書館,公立病院等)の効率性を相対的に評価するなど幅広い分野で利用されています。