ホーム > 技法解説 > 戦略/マーケティング > DEA (Data Envelopment Analysis)

DEA (Data Envelopment Analysis) とは

DEAとは、Data Envelopment Analysis(日本語では包絡分析法)の略語で、多入力多出力システムの相対的な効率を評価する手法として1978年にCharnes、CooperとRhodes3名の連名論文で提案されました。 DEAでは、すべての評価対象に対して、評価対象ごとに効率が最大になるように異なる評価基準を用いるのが特徴であり、簡便で広く適用できる利点があります。 財務会計を使った方法では評価が難しい学校の教育プログラムや、非営利公企業(図書館,公立病院等)の効率性を相対的に評価するなど幅広い分野で利用されています。


DEA (Data Envelopment Analysis)の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

DEA (Data Envelopment Analysis)の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


DEA (Data Envelopment Analysis)で解決できる課題

8件中 18件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 全体/その他 自社の課題を明確にしたい
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
1 企画 複数の案から最適なものを選択したい
1 企画 企画構想の変更を防止したい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 全体/その他 業績を上げたい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら