多変量解析入門2日目【PC実習あり】~因子負荷量・PLS回帰など、さらに理解を深める~

多変量解析をより深く理解するには、
因子負荷量の使い方や回帰、判別モデル構築まで
学習する必要があります


Rを用いた実習を通じて理解を深めます!


 8/20開催「多変量解析入門 1日目」と合わせて受講すると、より理解が深まります!

セミナー講師

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社
メタボロミクス解析事業部 情報解析部 部長
弘前大学大学院 医学研究科 メタボロミクスイノベーション学講座 特任准教授
博士(工学) 山本 博之 先生
■経歴
2003年 神戸大学 工学部 応用化学科 卒業
2008年 神戸大学大学院自然科学研究科 分子物質科学専攻 博士課程修了
2008年 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社 入社
2012-2013年 味の素株式会社 イノベーション研究所 研究員
2014-2017年 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社 主任
2018年-現在 現職
■専門および得意な分野・研究
ケモメトリックス、多変量解析、機械学習、メタボロミクス
■本テーマ関連学協会での活動
質量分析インフォマティクス研究会 世話人

セミナー受講料

『多変量解析入門:2日目(8月21日)』のみのお申込みの場合
  1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
『多変量解析入門:1日目(8月20日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。
  1名72,600円(税込(消費税10%)、資料付)
  ※20日講義内容はこちら
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき61,600円⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります
     *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。
 ※両日セットでお申し込みの際は備考欄に「『多変量解析入門:1日目(8月20日日)』とセットで申し込み」とご記入ください。

セミナー趣旨

多変量解析をより深く理解するには、因子負荷量の使い方や回帰、判別モデル構築まで学習する必要があります。本講座2日目では、前日の内容からもう1歩踏み込み、これらの内容を紹介します。また、Rを用いた実習を通じて理解を深めます。既に多変量解析の基礎知識(1日目の内容が目安)をお持ちの方は、2日目のみの受講もおすすめです。

※本セミナーでは、Rの基本的な使い方についてPC演習を行います。

 PCのご持参が難しい場合は、お申込み時に『PC貸出』とご記入ください。
 7,700円(税込)にて貸出致します。
 PCの貸出は原則として1週間前までにお申し出ください。

習得できる知識

・因子負荷量を用いた変数選択
・回帰分析と判別分析を用いたモデリング
・Rを使って自分で解析できる
・多変量解析が使用されている論文が理解できるようになる

セミナープログラム

・多変量解析の基礎のおさらい
・因子負荷量
 因子負荷量とは
 因子負荷量を用いた変数選択
 メタボロームデータを用いた解析例
 Rでの解析手順

・Rの基本的な使い方
 行列とデータフレーム
 tidyverseを用いたデータの取り扱い

・回帰分析
 重回帰分析
 正則化とリッジ回帰
 主成分回帰(PCR)
 PLS回帰

・判別分析
 PLS判別分析
 モデリング
 フィッシャーの線形判別分析(FDA)
 正則化FDA

・その他の話題
 PLS-ROG
 因子分析
 スパース主成分分析

質疑応答

■講演中のキーワード
・ケモメトリックス
・多変量解析
・機械学習
・メタボロミクス
・バイオインフォマティクス