『IT契約』の基礎知識と契約類型別に見るトラブル回避のポイント

【受講対象】


法務部門、総務部門、情報システム部門、知的財産部門など関連部門のご担当者


【講師】


KOWA法律事務所  弁護士 池田 聡 氏


【受講料】


会員:41,040円(本体 38,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)  ※書籍代を含みます。


※会員価格適用については、企業研究会会員が対象となります。
(所属先の会員登録有無がわからない場合、
お申込みの際に備考欄へ「会員登録確認希望」とご記入ください。)
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。


【プログラム】


開催にあたって


   IT契約に関するトラブルはたくさんありますが、法務的な観点から言えば、契約の締結過程に問題が生じていることや、契約書の内容が不十分であることが、トラブルの直接ないし間接的な原因であることがあります。
   特に、書籍等で一般に出回っている契約書例は、かつてのメインフレームかつウォーターフォール型開発を想定したもので、現在の開発手法には即していない面があります。
   また、早く、安くシステムを構築するには、クラウド、オープンソース、ASP、SDKといった他人が権利を有するリソースを活用する必要があります。
   そこで、本セミナーでは、IT契約に関する基礎知識を新しい技法も含めて解説した後、秘密保持契約書・システム開発委託契約・保守契約等、契約類型別に注意するべきポイントを、新しい技法にも対応して解説いたします。
   解説の中では、裁判例や民法改正にともう留意点にも触れていきます。


1. IT契約に関する基礎知識
    (1)業務に関する基礎知識
            ・システム開発手法
            ・クラウド
            ・オープンソース
            ・ASP/SDK
    (2)法律に関する基礎知識
            ・契約に関する基礎知識
            ・請負と準委任
            ・民法改正の影響
            ・著作権と所有権
            ・約款


2. 契約類型別ポイント
    (1)秘密保持契約書(NDA)
    (2)システム開発委託契約(ウォターフォール)
    (3)システム開発委託契約(アジャイル)
    (4)保守契約
    (5)ソフトウエアライセンス契約
    (6)クラウドサービス利用契約


※当日、会場にて 講師著『システム開発 受託契約の教科書』(翔泳社)を副教材として、配布致します。