量子コンピュータの基礎から開発状況・展望まで解説!

セミナー講師

大阪大学 名誉教授 井元信之 先生

■略歴:
1977年東京大学大学院工学系研究科物理工学専門課程修士課程修了。
同年より日本電信電話公社武蔵野電気通信研究所研究員。
1990年英国エセックス大学に1年滞在したときに量子コンピューターと量子暗号の概念誕生に立ち会い、帰国後日本で初めて量子情報処理の本格的研究を開始する。
以後NTT物性科学基礎研究所グループリーダーを経て、1999年より総合研究大学院大学教授、2004年より大阪大学大学院基礎工学研究科教授、2018年より大阪大学名誉教授。
現在大阪大学先導的学際研究機構特任教授および東京大学大学院理学研究科フォトンサイエンス研究機構特任研究員。博士(工学)。アメリカ物理学会終身会員、日本物理学会、応用物理学会会員。

セミナー受講料

1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

*準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みお願い致します。
 (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)

受講について

*本講座は、Zoom を使用したオンラインセミナーです。
 (下記ご確認の上、お申込み下さい)。

  • 本講座は、オンライン受講のみ可能です。セミナー会場での受講はできません。
    *PCもしくはスマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
    お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
     → 確認はこちら
    *Zoomアプリのインストールをしないブラウザからのご参加テストもこちらから可能です
    *Skypeなど別のツールが動いておりますと、カメラ・マイクなどがそちらで使用されてしまい
    Zoomで不調となる場合があります。お手数ですが同様のツールは一旦閉じてからお試し下さい。
  • Zoomアプリのインストール、zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です
  • 開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。
  • 本講座の配布資料は、送付方法が決まり次第、掲載致します。
  • 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、
    録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
  • 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
    複数端末から同時に視聴することやプロジェクタ等による複数人での視聴は禁止いたします。
  • 当日、可能な範囲で質疑応答、個別質問も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)

セミナープログラム

1.量子コンピュータ・量子暗号の背景
  この分野の誕生から現在まで
  この分野への日本の貢献

2.量子でないコンピューターおよび通信の能力
  計算「できる・できない」の意味
  現行のセキュリティ通信
  ・秘密鍵暗号と関連技術(秘密分散)
  ・公開鍵暗号と関連技術(署名・改ざん耐性・ブロックチェーン・ビットコイン)

3.情報処理から量子情報処理へ
  現行のコンピューターや通信でできないこと
 「量子」による突破 原理と特徴
  量子暗号の原理
  量子コンピューターがセキュリティ通信に及ぼす影響

4.量子コンピュータ・量子暗号の要素技術(ハードウェア)
  量子ビット・基本量子ゲート・量子回路
  量子ビットの物理実装(光子・超伝導・原子・イオン・スピン・半導体)
  量子ゲートと回路の物理実装(初期化・ゲート演算・量子メモリ・量子測定)
  改善すべきこと(低エラー・低損失・スケーラビリティ・アクセシビリティ・集積度)

5.量子コンピュータ・量子シミュレータ・量子アニーラ・量子暗号
  量子コンピュータ
  量子シミュレータ
  量子アニーラ
  量子暗号

6.世界情勢と展望
  世界の大型プロジェクト・コンソーシアム
  日本の大型プロジェクト・コンソーシアム
  考えられる方向性

7.質疑・討論