ホーム > 技法解説 > 安全工学 > VTA/ETA

VTA/ETA とは

VTA(Variation Tree Analysis)/ETA(Event Tree Analysis)とは、ある事象の発生を想定し、それによって引き起こされる事象を時系列で樹枝(Tree)状に分岐想定していくことにより、最終事象に至る過程とその発生確率を明らかにする方法です。


VTA/ETAの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

VTA/ETAの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


VTA/ETAの専門家

氏名 会社名

VTA/ETAで解決できる課題

10件中 110件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 事故の再発を防止したい
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 設計・開発 信頼性評価の時間、費用を低減したい
1 設計・開発 過去の情報を有効に活用したい
1 生産 開発した技術特性を安定化したい
1 生産 不良発生を未然防止したい
1 生産 設備可働率を上げたい
1 生産 在庫を削減したい(部材、中間、製品)
1 生産 安全性の高い生産現場を実現したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら