「CSV」とは

2011年、『競争戦略論』で有名なマイケル・ポーター教授が、ハーバード・ビジネス・レビューで提唱しました。CSVとは、Creating Shared Value=共通価値の創造の略称です。CSVは、企業が、社会ニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的な価値も創造されることを意味します。