ホーム > 書評トップ > 「XCNクロスチェック付きなぜなぜ分析」鶴田明三著

書評

「XCNクロスチェック付きなぜなぜ分析」鶴田明三著

「XCNクロスチェック付きなぜなぜ分析」鶴田明三著
投稿日 2017-07-20

エアバッグのリコールで経営が立ち行かなくなったタカタなど、市場品質問題は突然企業に降りかかります。本書では、多数提案されている未然防止の方法を、筆者が三菱電機在職中に統合考案した仕組みが示されます。

端的に言えば、機能展開となぜなぜ分析、外乱のリストを組み合せたもので、個々の手法自体は広く使われています。しかし品質工学のパラメータ設計をしようにも、基本機能や誤差因子をどう選択すればよいのか、初心者には難しい作業です。

本書で示された手順とノウハウに留意しながら進めることで、一定レベル以上の成果が期待されます。しかもこの方法に準拠した表計算シートが付録に付いていますから、一度試してみない手はありません。。

設計のフロントローディング化に悩む、技術・品質部課長さんにおススメの一冊です。