ホーム > 書評トップ > 「誰も教えてくれない工場の損益管理の疑問」本間峰一著

書評

「誰も教えてくれない工場の損益管理の疑問」本間峰一著

カスタマーレビュー
4.2

「誰も教えてくれない工場の損益管理の疑問」本間峰一著
投稿日 2016-05-24

本書はNECで長年生産管理部門で実績をあげ、独立後も100社以上の業務改善に成果を上げてきた著者が「工場の損益」について徹底的に解説した書です。
経営陣から「原価を下げろ」という指示が頻繁に来るわけですが(^_^;)それが何を意味するのか、どうやって実現するのかは指示する/される双方で分からなかったり、食い違っていたりします。
本書では原価の意味、分類そしてその改善方法の両方について多角的に解説した上で、やるべき項目と手段を明確にしてゆきます。
生産現場であるいは設計部門の管理者として「原価」に悩む皆さんにおススメの一冊です。
好評により、重版、決定です。