専門家「本田 陽広」プロフィール

本田 陽広

品質問題を“0”にする設計と設計審査の考え方をお伝えします 

本田 陽広

専門家B ほんだ あきひろ / 愛知県 /

対応エリア 全国

【直近の講演情報】
■品質月間の特別講演を11月21日(月)にオンラインで実施致します■
この講演では、過去の知見やノウハウを積み上げし、全ての故障原因を網羅した道具(FMEA辞書)を使って、品質問題を未然防止する方法を紹介します。講師が、設計職場で活用し、設計品質不具合‘0’を達成することで品質革新賞を受賞した経験を踏まえ、具体的な取り組み方法について解説します。

▼お申込みおよび詳細は下記リンクより▼
「FMEA・DRを真の未然防止につなげる ”FMEA辞書”」

対応分野

信頼性工学
信頼性工学 FMEA DR(デザインレビュー)

経歴

愛知県出身。
1975年名古屋大学機械工学科修士課程を卒業、同年、株式会社デンソーに入社。
同社ディーゼル噴射技術部にて、デンソー独自のディーゼル機関用高圧燃料噴射ポンプを開発し、量産化。
その後、ガソリン事業部にて、ガソリンエンジン用、燃料ポンプ、電子スロットルを開発。               
2000年に機能品事業部品質リーダーとなり、設計業務改善に取り組む。

業務実績

2008年より、日本科学技術連盟の信頼性技法「デザインレビュー」講座の講師。
2008/11 日科技連のデミング賞品質革新賞受賞。
2009/7 日科技連信頼性シンポジウムにて「品質問題を無くす設計と設計審査」論文発表。
2010/7 推奨報文賞受賞。
2010/11 オールトヨタTQM大会にて優秀賞受賞。
その後、トヨタ自動車、ルネサス、構造計画研究所、品質管理学会、中部エレクトロニクス振興会、名大イブニングセミナー、等で講演。
JSAE,SAEにも投稿。2011/5品質管理学会長の勧めで、JSQC選書「FMEA辞書」(財団法人日本規格協会)を発刊。