専門家「正木 基身」プロフィール

正木 基身

鉄鋼及びチタンの製造プロセス、品質設計、熱処理及び利用加工技術に関するコンサルティングは任せてください。

正木 基身

専門家専門家A まさき もとみ / 神奈川県 / 有限会社NS Fellows

保有資格 ISO9001主任審査員、IATF16949内部監査員、AS9100内部監査員、高等学校理科一級教諭、一級小型船舶操縦士
対応エリア 茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県

物理学専攻を背景に、大手鉄鋼会社において30年間の鉄鋼とチタンの一貫品質設計及び溶解から冷間圧延までの製造技術、利用加工技術及び品質管理の経験があります。またそれらの経験をもとにISO9001審査員の経験があります。また、外資系自動車部品会社においてIATF16949を運用する品質管理部門の責任者を勤めた経験もあります。

H P: https://www.nsfellows.com

対応分野

戦略/マーケティング
SWOT分析
技術マネジメント
知的財産マネジメント
SQC(統計的品質管理)
回帰分析
信頼性工学
FMEA FTA DR(デザインレビュー)
品質マネジメント
ISO9001 APQP QC工程図(QC工程表) なぜなぜ分析
生産マネジメント
5S
QC7つ道具
QC7つ道具
人的資源マネジメント
組織戦略
固有技術
金属・無機材料技術

経歴

1981年東京理科大学理学部第一部物理学科卒業
1983年東京理科大学大学院理学研究科物理学専攻修了
1983年新日本製鐵株式会社(現日本製鉄)入社
1983年~1985年八幡製鉄所連鋳技術室にて連続鋳造の操業改善、技術開発等に従事
1985年~1987年八幡製鉄所シームレス鋼管管理室にてラインパイプの開発に従事
1987年~1992年エレクトロニクス事業部周辺機器部にて大型静電プロッタの書込ヘッドの開発に従事
1989年~1990年米国企業と共同開発のため、カリフォルニア州シリコンバレーに滞在
1993年~2012年チタン事業部にて、チタン冷間圧延技術開発操業改善、チタン合金の市場開発等に従事
2012年~2014年東邦チタニウムに出向(のち転籍)品質管理部にて航空機向けチタン合金インゴットの品質管理に従事
2014年~2018年技術コンサルタントとして、自動車部品、航空機部品会社などコンサルティング、外資系審査機関にてISO9001審査員
2018年~2020年ジョンソンマッセイジャパン合同会社にて、品質管理部門長として自動車触媒の品質管理品質保証及びIATF16949事務局運営
2021年~技術コンサルタント再開

業務実績

1. 鋼の連続鋳造技術:連続鋳造操業条件最適化、耐火物開発
2. 鉄鋼材料製品設計:一貫品質設計、化学成分、熱処理最適化
3. チタン及びチタン合金:一貫品質設計、化学成分、溶解、鍛造、熱間圧延、冷間圧延
4. チタン及びチタン合金の製造技術:鍛造、厚板、丸棒、薄板、冷間圧延、線材、溶接管、熱間押出
5. チタン及びチタン合金の市場開拓:地熱等エネルギー、航空機、自動車、建材、プラント、半導体向け
6. 鉄及びチタンの利用加工技術:鍛造、プレス、溶接、機械加工、表面処理
7. ISO9001品質マネージメントシステム構築
8. IATF16949品質マネージメントシステム構築
9. ビッグデータ解析:Auriq System社のessentiaを用いた低コスト解析